一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

社台サンデー2017出資検討(その2)

2017年06月10日 14時12分54秒 | 出資検討-社台サンデーG1
夜な夜なカタログとDVDのチェックを繰り返しています。ツアーでは候補馬を集中的に見たいので、来週までにある程度候補を絞り込んでおかないと。現時点で気になっているのは、募集番号順に(25)イマーキュレイトキャット、(50)ゴールデンドッグエー、(103)ドナブリーニ、(112)アートプリンセス、(113)ポルトフィーノ、(121)アイスフォーリス、(153)ブエナビスタ、(167)ドナウブルー、(168)レーヴディソール、(G24)タンタスエルテ、(G29)スキッフルあたり。全体的に見ると、ハーツクライに良駒が多いですね。ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルトがクラシックを勝ち、ジャスタウェイがドバイで衝撃の走りを見せた2014年。明けて2015年に種付けされ、2016年に生まれたのが今年の募集世代です。良い繁殖がハーツクライに集まった年ということですね。あと、2年目の産駒となるロードカナロアには注目しています。サクラバクシンオーのイメージで、スピード能力を武器に堅実に走ってくれそう。サンデーが入っていない血統構成なので、母系で上質なサンデーを注入すれば爆発しそうな気がします。ということで、あれこれ考えながら、拙い経験と勘を駆使しての検討はまだまだ続く。火曜にカタログが届いてから4日じゃ全然時間が足りません。来週までに間に合うかしら。さて、今日はこれから馬仲間との検討会です。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« リビングマイライフ、デビュ... | トップ | 社台サンデー2017出資検討(... »

コメントを投稿

出資検討-社台サンデーG1」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事