一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

トゥルーウインド、全治6ヶ月で休養へ

2016年10月19日 17時24分24秒 | トゥルーウインド
2016/10/19 美浦TC
----------
その後も厩舎での舎飼で経過を観察し、きょう19日(水)にTC内の競走馬診療所にてエコーによる再検査の結果、腸骨に8cmの亀裂があることがわかりました。JRA獣医師の見解では、現在はダクを踏んでも大丈夫なまでに回復しており、急に発症したものではなく、以前から鳴りを潜めていたひずみが亀裂となって表われたと考えられるとのことです。今後はエコーで経過をみながら少しずつ運動量を増やしていってもいいということですが、事故見舞金6ヵ月の支給対象となりました。このまま様子を見ていき、山元TCへ放牧予定です。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


先週のレポートでは引退を覚悟しましたが、そこまでの大怪我ではなかったようで良かったです。それでも半年は休養が必要とのこと。せっかく調子を上げていたのにガックシですが、仕方ありません。復帰は来年4月の中山戦か、5月の東京戦になるのかな。だいぶ先の話しだ…。いやはや、思うようにはいかないもんだな(PRIDE風)。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ジャストコーズ、前向きさに... | トップ | イスラボニータ、重め残りが... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む