一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

トゥルーウインド、外から被されズルズル後退12着

2017年07月15日 18時09分12秒 | トゥルーウインド
2017/7/15 美浦TC
----------
7月15日(土)福島・安達太良S(ダート1700m)に北村宏司騎手57kgで出走、馬体重は増減なしの450kgでした。互角のスタートから先行集団に取り付き、1コーナーで4番手、向こう正面では3番手を追走しました。最終コーナーは5番手の内で徐々に手ごたえが悪くなり、直線は後退するばかりで12着での入線、勝ち馬とは2.6秒差でした。
レース後、北村宏司騎手は「道中は楽に行けたと思いますが、3コーナーで手前を替えてモタモタしているときに外から被せられて、それから馬が戦意喪失してしまいました」とのコメント、また田中剛調教師は「前走はスムーズな競馬で強いところを見せられたのですが、きょうはクラスが上がって流れも違ったせいか、もまれ弱いところが出てしまいました。このあとは1回放牧に出して、秋の中山ぐらいを目指そうかと考えています」と話していました。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


時計だけなら、前走と同じだけ走れば今日も勝っていた訳です。ただ、そんな単純でないのが競馬。クラスが上がれば、馬へのプレッシャーが違うんでしょう。マイペースで行けずに、馬群に飲まれると、ズルズルと後退してしまうのは毎度のこと。大きい着順があるのも個性です。昇級初戦ですし、今日のレースは経験とすればOK。放牧を挟んで、またフレッシュな状態で頑張ってもらいましょう。今日の北村騎手の騎乗には何の不満もありませんが、やっぱり次走はカッチーに乗って欲しいなぁ。

2017/7/15 福島競馬場


『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ノルナゲスト、6枠11番(3歳... | トップ | ノルナゲスト、早めの捲りも... »

コメントを投稿

トゥルーウインド」カテゴリの最新記事