一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

サーベラージュ、次走については検討中

2016年12月28日 16時29分07秒 | サーベラージュ
2016/12/28 美浦TC
----------
今日12月28日(水)ウッドチップコースで5Fから68.5-54.0-39.4-13.6秒のタイムをマークしました。「脚元の浮腫みは取れましたが、先週末に検査をしたところ、少し胃潰瘍の気がありました。ガストロという薬を与えたところ効き目があり、今は飼い葉を完食しています。馬体重は492kgで、テンションが高めのため、心身のバランスをもう少し整えてから、さらに強い調教を課していくつもりです。年明け1月15日(日)中山・京成杯(G3・芝2000m)、翌週1月21日(土)中山・若竹賞(芝1800m)のどちらに向かうかは、今後の動き・状態をよく見たうえで決めたいと思います」(堀調教師)
----------
【G1サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


ガストロがレポートに登場したのは、イスラボニータに次いで2頭目。トレセン在厩馬のうち一説には9割が胃潰瘍らしく、個々によって症状は違うと思いますが、上手く付き合っていかないといけません。イスラボニータもこれまでに何度も腹痛や下痢がありました。サーベラージュも例に漏れずといったところ。それでも帰厩後はコンスタントに追い切ることができていますので、まあ大丈夫でしょう。仕上げの過程やレース選択については、この厩舎だけに何も不安はありません。引き続き、順調に進んでほしいと思います。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« トゥルーウインド、騎乗調教... | トップ | イスラボニータ、来年はマイ... »

コメントを投稿

サーベラージュ」カテゴリの最新記事