四季の歌と暮らす

 年齢ごとに「一度っきり」の四季と、
旬(しゅん)のヨコハマを味わう「くりごとの集」です。

理屈よりも情緒が

2017-07-06 12:03:56 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『ご法のありがたさは、理屈だけではなかなか人に分かってもらえません。

「こんなに口をすっぱくして話してあげているのに、なんで分かってくれないんだろう」と、じれったくなる人も多いと思うのですが、決め手は実例なのです。

 あなた自身が、法によってどう生まれ変わることができたか、どんなに幸せになれたか、自分が体験したとおりに具体的に話させてもらうと、相手の聞き方が違ってきます。百の理論より一つの事実です。

人は、自分が心から納得しなくては、気持ちを変えられるものではありません。その納得は、理屈で考える脳ではなく、情緒をつかさどる脳の働きだと専門家は言っています。

 具体的な事実を目の前に突きつけられると、だれに説得されなくても、自分で自分を説得してしまうのです。それまで、いくら理路整然と説いてあげてもなかなか受けつけなかった人が、心から感動して、目に涙を浮かべて大きくうなずいてくださるのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つらいね、でも大丈夫だよ | トップ | プラス思考で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

元気を頂く言葉(庭野日敬師」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。