四季の歌と暮らす

 年齢ごとに「一度っきり」の四季と、
旬(しゅん)のヨコハマを味わう「くりごとの集」です。

つらいね、でも大丈夫だよ

2017-06-27 06:05:28 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『病気の苦しみによるうめきも、その半分は「私の苦しさを分かってほしい」という訴えだといいます。ですから、そばについていて手をにぎってあげるだけで、痛みが半減するのです。

経験の豊富なお医者さんは、その患者さんのつらさや心配を自分が受け止めてあげて、「そうだね。ここが痛いんだね。つらいんだね」と患者さんの訴えを、もう一度繰り返して口にして痛みを共にするのだといいます。

 大聖堂のご本仏さまは「与願施無畏(よがんせむ)」の印を結ばれています。右の手のひらを開いて「なにも心配することはないのだよ」と前にかざされ、左手を「この手にすがりなさい」と私たちに差し伸べてくださっています。病気にかぎらず心配事を抱えているときに、心から信頼している人に「心配しなくていいんだよ」と言ってもらえると、力がわいてきます。

 観世音菩薩は、助けを求める人の声を聞くと、その人その人にふさわしい姿で身を現わされて、隣に寄り添い、「つらいね。でも大丈夫なんだよ」とおっしゃってくださいます。相手の心に寄り添うことさえできれば、なにも言わなくても、こちらの思いは伝わるのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

習慣のパワー

2017-06-19 05:45:53 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『信仰者らしい人になる第一歩は、まず、朝起きたらご宝前のお給仕をして、お経をあげてお勤めをすることから始まります。

 それが、ごくあたりまえのことになって、毎朝、ちゃんとお勤めをしてから会社に出かける、家の仕事を始めるというように、信仰者としての生活の形をつくってしまうことが大切です。

その形が整ってくると、自然にいつも気持ちが穏やかで、がんこを通して人に逆らったりするようなことがなくなり、だれとでも和やかに話ができるようになってくるのですね。形に心がついてくるわけです。

 よい習慣にせよ悪い習慣にせよ、いったんそれが身についてしまうと、無意識のうちに、それが自分の考え方や行動を決めてしまうようになってきます。自分の意思だけでは簡単に変えられない力になるのです。

その習慣が、繰り返しによって形づくられていくわけです。

 信仰者の毎日の行は、そのよい習慣づけのためです。そこが分かると、教えどおりに具体的な行動を毎日積み重ねていくことがいかに大切か、分かってくるのですね。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支えられています

2017-06-14 06:24:54 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『仏教の教えの基本が、すべての存在は他との関係(縁)なしにはありえない、という縁起観であることは、みなさんもよくご存じのとおりです。その教えをどう実践に移していくかです。

まず、自分が今日一日を無事に過ごせるのはだれのお陰であるのか、どれだけの人の助けをいただいているか、その縁起を知ることが報恩行の出発点です。

 私たちは仕事が順調に進んでいるときには、すべて自分の力、自分の努力の結果だと思い込んで得意になっているのですが、それが、どれだけ多くの人の後押しによってなっているか、毎日、振り返ってみる習慣をつけてしまうことが大切です。朝夕の経典読誦のご供養は、その行の一つなのですね。

 いつも、まわりの人たちへの感謝を忘れずに、その感謝の気持ちを素直に表わしていく生き方と、自分を過信して得意になったり、努力が報われないと恨んだりする生き方とでは、天地の開きが出てしまいます。

先祖供養も、親孝行も、菩薩行も、すべて今日の自分をあらしめているものへの恩返しの行なのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自信が失われる時

2017-05-31 06:41:34 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『新横綱の曙関は、横綱に昇進した初土俵で黒星を喫してしまった夜、何度も負ける夢を見て、汗びっしょりになって目が覚めたといいます。同じように、現・北勝海親方も新横綱の土俵で負けて、「このまま連敗したら引退しなければならん」という思いが胸をよぎったというのです。しかし、そのとき先輩横綱の千代の富士関(現・九重親方)に、「力があるから横綱になったんだ。強気でいけ」と言われて、ようやく平常心を取り戻すことができたといわれています。自分の才能への自信、積み重ねてきた努力によって得た自信が、一つのつまずきでガラガラとくずれてしまうことがあるのですね。それに、もう一つのものが加わらないと、本当の自信にならないわけです。

山田恵諦猊下は「自分の努力、まわりの援助、それに神仏のご加護が加わらなくては事は成らぬ」とおっしゃっておられます。背後で自分を見守り、押しだしてくれる力を感じたとき、自分が蓄えてきた力を百パーセント出しきることができて、信じられないようなことが可能になるのです。

自分のすべてをまかせられる帰依の対象を持つことによって、考えられないような不思議が起こるのは、そこなのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間関係の基本は

2017-05-27 04:28:48 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『自分を産み育ててくれた親の恩に比べられるものは、ほかにありません。それを、ごくあたりまえのことのように考えたり、うっかりすると、親を恨んだりしている人がいるのです。しかし、心の奥の奥では、だれしも親の恩を感じない人などいないはずです。何かが、その気持ちを素直に表に出すことを妨げているのです。

 この、親の恩をかみしめることが信仰の出発点であり、幸せへの出発点だといってもいいでしょう。

親に心から感謝できるようになると、夫婦同士でも、互いに感謝できるようになってきます。子どもやご近所の人と対するときも、また会社の上司や仲間を見る目も違ってきます。人間としての軌道に乗ってくるわけです。親への感謝ができなくては、ほかのだれともうまくいくはずがありません。親への感謝が人間への信頼感を生み、それが社会の絆にふくらんでいくのです。

 最近、アメリカでも家族が見直されているそうです。家庭がくずれると社会の秩序までバラバラになってしまう、という苦い体験からの知恵だと思うのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

布施する生き方へ

2017-05-23 07:29:12 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『内科学の権威である日野原重明先生によると、六十歳で亡くなられた人の脳を開いてみると、ふつうの人なら四分の一、よほど使った人でも、まだ半分しか使っていないということです。半分以上は白紙のままなわけです。

それをそのまま残したのでは、まことにもったいない。六十を過ぎると「あとは余生」と考える人が多いけれども、とんでもない。まったく新しいことに挑戦する出発の時だという心構えが大事だ、と日野原先生は言われるのです。

私が、世界宗教者平和会議の実現に取り組み、明るい社会づくり運動を提唱したのは、六十歳を過ぎてからでした。

ジェラール・シャンドリーという人が、「人の一生の終わりに残るものは、われわれが集めたものではなく、与えたものである」という言葉を遺されているそうです。その人の人生の究極の価値は、がむしゃらになって手に入れた地位でもなければ財産でもなく、どれだけ人さまに奉仕し、人さまに与え、遺すことができたかで決まるのだ、と言われているのではないでしょうか。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不都合は自分次第でプラスに

2017-05-17 05:38:07 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『法華経には、石を投げつけられようが杖でたたかれようが、一心に相手を拝み続ける常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ)の礼拝行が説かれています。そしてもう一つ、自分に仇をなす相手をもお師匠さんと拝む「提婆達多(だいばだった)が善知識」の礼拝行が説かれます。この二つの礼拝行を忘れずにいれば、信仰者として合格だと思うのです。

 「こうなってほしい」「ああなってほしい」と、自分にとって都合のいいことばかりを願っていると、それがことごとく裏目に出て、いつもしかめっ面でいなくてはならなくなってしまうことが多いのです。あれこれと心配ばかりしていると、その心配したとおりの結果になりがちなのですね。

ですから、どんなことが起ころうと、どんな人に出会おうと、「これが自分の修行課題なんだ」と心を決めてしまうのです。

 そう心が定まると、自分のほうの都合で、いい悪い、好きだ嫌いだ、と選り好みするのでなく、なにごとも向こうさま次第の考え方ができるようになってきます。やってくるものは、なんでも真正面から受け止めて全力を尽くせばいいのだ、と腹がすわってきます。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心もとない自信では

2017-05-11 06:47:07 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『ひと突きふた突きで土俵の外へ相手を吹っ飛ばしてしまうお相撲さんが、ちょっとしたつまずきで自信をなくすと、真っ暗闇のトンネルに入ったように、何も見えなくなってしまうことがあるといいます。手も出なければ足も出なくなってしまう。

大事なのは、負けが込んでもあくまでも自分の相撲をとり続ける精神力で、それには、「これだけ稽古をしてるんだから、大丈夫なんだ」という心の支えが必要だというのです。それは相撲だけではありません。

 どんな仕事でも、ふだん自信にあふれていても、その自信が土台から突きくずされるといった場面に、人生では幾度もぶつかります。そういうときに、自分で自分を信じる、いわば一本柱の土台がいかに心もとないものか、思い知らされます。

「自分にできる精いっぱいの努力をしたのだから、あとはおまかせしていれば、必ずお守りいただけるのだ」という、もう一つの支えができると、二本の柱でしっかりと立った土台ができてきます。そうなると、ちょっとやそっとのことで大きくくずれる心配はまずありません。』          庭野日敬著『開祖随感』より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰でも出来る布施を実行しよう

2017-05-06 06:44:15 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『心がどれほど体に影響するか、案外知らずにいる人が多いのではないでしょうか。庭野平和賞を受賞されたノーマン・カズンズ博士は、膠原病にかかったときに、「どんな患者も自分の中に主治医を持っている。それをどう引きだすかだ」というシュバイツァー博士の言葉を思いだして、「笑う治療法」で病気を克服されたのだそうです。

笑うと、血液の流れがよくなって、ウイルス感染から細胞を守るインターフェロンが働きだし、不快な顔になると、とたんにその流れが止まってしまうことが、最近の医学で分かってきたそうです。無理に笑うのでも、効果があるといいます。

確かに、どんな苦しいときであっても笑顔をつくると、心が明るくなってくるのですね。

いつも苦虫をかみつぶしたような顔をしている人がいますが、こっちが笑顔で接していくと、表情が和みます。布施の一つに笑顔で人に接する「和顔施(わげんせ)」があるのはご存じでしょう。

和顔施は、何がなくても、だれもが、いつでもできる布施行です。その布施で相手が心も体も健康になり、自分も健康になれるのですから、まさに「和顔施は人のためならず」です。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相手に合わす夫婦に

2017-05-04 05:29:59 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『結婚について、ある詩人がこんなことを言っています。「結婚して三日間は夢中、三年間は優しく愛し合うが、あとの三十年間はがまんのし合い。だが、互いに鼻につきだしてからの三十年間に、夫婦の本当の愛情がわいてくる」と。

 私の祖父は仲人の名人でしたが、「こんな娘を」「こんな婿を」と条件をつけられると、「そりゃ、わしの手に負えない」と断わるのです。「いくら相手に注文をつけてみても、一生のことは分かるものじゃない。夫婦というものは、こっちの出ようで相手はどうにでも変わるものだ」というのが、祖父の口癖でした。

 最近は「三高」などといって、女性のほうからも結婚相手にさまざまな条件を出すようになりました。しかし長い結婚生活は、身長が高くて、高学歴で、高収入でなどという外側の条件だけでなく、さまざまな条件が合わなくてはやっていけません。それが最初からピッタリ合う相手などいるわけがありません。

 互いに、相手に合わせてそういう条件をつくりだしていくのが結婚生活でしょう。合わせる心こそがいちばんの条件。それさえあれば、すべてが整っていきます。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行が不可欠だ

2017-04-29 04:58:54 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『相撲は立ち合いで勝負が半分ついてしまうといいます。自分の立ち合いができれば、こっちの得意な組み手、攻めと先手がとれて、相手は相撲をとらせてもらえません。

しかし、その立ち合いを本当に会得するのには、泥まみれ、砂まみれの稽古に明け暮れ、何場所も土俵を踏んで、あるとき「これだ」とつかめるのだといいます。それをつかんでしまえば、もう滅多に負けるものじゃない。

信仰も、たくさんの教えを覚えるのもけっこうなのですが、一つの教えを繰り返し繰り返し実行して、「これだ!」と本当に自分のものにしてしまうことが大切です。一つでもつかめると、仏さまの世界にスッと入ってしまって、なにごとにも動じない自信ができてくるのです。

「若し法を聞くことあらん者は一りとして成仏せずということなけん」と、仏さまが私たちのすべてが仏になれることを保証してくださっている、その条件である「法を聞く者」とは、教えの一句でも実行し続ける人という意味です。法華経では八歳の竜女が瞬時に仏になるさまが語られていますが、舎利弗(しゃりほつ)尊者を瞠目させたその成仏のカギはそこにあると思うのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピンチをチャンスと受け止めよ

2017-04-21 07:12:45 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『幸福の女神を「ぜひともわが家においでいただきたい」と招いたら、妹の不幸の女神も一緒についてきてしまった、という話があります。幸福もその裏側に落とし穴があるわけです。同じように、不幸も裏返すとそこに幸福の芽が隠されています。

自分では一生懸命に努力しているつもりなのに、人に誤解されたり嫌われてしまうことがあります。精いっぱいがんばっているのに、逆の結果ばかり出ることもあります。それが続くと、だれもが腐ってしまうのですが、私は、みなさんが頭を抱え込むような、真っ青になるようなことが起こると、「いよいよおもしろくなってきたぞ」と、自分に言い聞かせるのです。自分に不利なことも功徳と受け取る。逆縁も善縁と考えて、努力して解決をめざす。それが仏道修行だと思うのです。

私は若いころ、「あんたは毎日が平穏無事で刺激がないと、のんびりしてしまう。なにか事が起こると発奮する人だ」と言われたことがありました。難題が私には発奮材料なのです。精いっぱい努力をしていれば、必ず見ていてくださる人がいます。かりにだれが見ていなくても、仏さまはすべてご照覧です。それを信じられなくては本物の信仰者といえないと思うのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大願を立てよう

2017-04-15 05:23:14 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『物や自由はふんだんにあるけれども、社会も世界も先行きどうなるのか分からないという時代ほど、青年の生き方が難しい時代はないでしょう。

 先ごろ『青少年白書』が出されましたが、街頭でのインタビューを聞いてみると、高校生は、ただ大学へ行くことだけで何を勉強するのかは考えていない。大学生は、卒業して将来安心な企業に就職することだけで、どんな仕事で自分の役割を果たすのかは考えていない。そういう人が大半だったといいます。

仏教では、総願と別願の大切さを教えています。総願とは、なんのために人は生きるのかという大目的です。別願とは、その人、その時の願いともいえましょう。

 松下幸之助さんは、傘下の企業を合わせると数十万人という社員を抱える会社を築かれた方ですが、「人間として生まれたら、人間としての成功が大事。自分はまだまだだ」と言っておられたそうです。

 自分の人生の目標をしっかりつかむと、人は行動が変わってきます。それによって性格も変わってきて、偉大なエネルギーが噴出してくるのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。

2017-04-12 05:35:15 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『「これだけはやりぬこう」と誓ったのに、またできなかったとガッカリしている人がおられるかもしれません。しかし、思い立っても実行がいかに難しいかを思い知っただけでも、一つの前進だと思うのです。

 「善人なおもて往生をとぐ。いわんや悪人をや」と親鸞上人はおっしゃられます。

ちょっと逆のように聞こえます。どんな悪人も広大なお慈悲でお救いくださる仏さまなのだから、まして善人をお救いくださらないはずがない、というほうが分かる気がします。

 しかし、「私は、これっぽっちも間違ったことはしていない」と思い上がると、仏さまのお救いも、教えも求めなくなってしまうのです。自分の弱さ足りなさを本当に思い知った人は、真剣に教えを求めずにいられません。その自覚を持った人こそ、仏さまのいちばん近くにいる人なのです。

自分が弱くて間違いやすい人間であることを思い知ったら、新たな決定(けつじょう)をし直せばいいのです。今年だめだったら、来年は必ずと決心すればいいのです。

それができれば願いは必ずかないます。懺悔とは、新たな決意で一歩を踏みだすことです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お釈迦さまの誕生日

2017-04-08 06:25:10 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『因縁というと抹香(まっこう)くさく聞こえるかもしれませんが、これこそ仏教の中心的な教えです。また因縁というと暗いイメージを抱く人がいるのですが、これも誤解です。

AさんにはAさんの因縁があり、BさんにはBさんの因縁があります。別の言葉で言えば、AさんはAさんでなければならない因縁、つまりその人なりの特色や役目があるということです。

 たとえば、Aさんが私に、私がAさんになろうと思っても、それはできません。AさんはAさんになるような、さまざまな環境、出会いによってAさんになっているからで、それがAさんの因縁です。そして、人それぞれに自分でなくては果たせない役目があるのです。

 お釈迦さまは誕生されると、「天上天下(てんじょうてんげ)唯我独尊(ゆいがどくそん)」と宣言されたと伝えられています。私は天にも地にも、ただ一人しかいない存在、自分にしかできない役目をもってこの世に生を受けた存在である、という宣言とも考えられます。

 私たちも一人ひとりが、それぞれ尊い役割、使命を持ってこの世に生まれてきているのです。それを自覚しなくてはなりません。』

 庭野日敬著『開祖随感』より

 4月8日は灌仏会(かんぶつえ)、花まつり、釈尊の誕生された日です。最寄りのお寺の「花御堂」に参じて、甘茶を誕生仏にそそぎお祝いしてください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加