alternativemedicine

Studies about acupuncture and moxibustion and Massage.

1965年南京中医学院編『中国漢方医学概論』

2017-03-21 | 中医文献

1965年12月10日初版
中国漢方医学概論
南京中医学院編著
中医学概論邦訳委員会
中国漢方医学書刊行会 

1958年の試用初版が1959年に決定版となったもの。 
序文は朝比奈泰彦先生。
「本書は中華人民共和国衛生部の指導のもとに、国立中医研究院、広州中山医学院、北京中医学院、上海第2医学院が協力し、南京中医学院が中心校になって、現職の西洋医学出身医師ならびに医科大学大学生を対象とした中医学の全科テキスト、中医自身の研修用と後進を教育する際の指導書として、1958年試用版が刊行され・・・1959年に決定版になったものである。 」

あとがき:日中医薬協議会(北村徳太郎会長)、刊行準備会(中島健蔵委員長)が1963年に初歩的翻訳。1964年に中医学概論邦訳委員会に改組。1965年8月に完訳。龍野一雄先生、長沢元夫先生など。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メモ | トップ | 1972年近藤良男著『毛沢東思... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む