代替医療学会 The Society of Alternative Medicine from 1987

日本で初めて代替医療を登記(1987)。構造化微量要素、ヘリカル炭素、ホルミシスの特許、実施例掲載

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヘリカル炭素、構造化微量要素は日本化学会・文部科学大臣賞受賞

2015-11-09 20:19:50 | がん

ヘリカル炭素は、日本化学会・文部科学大臣賞を受けた新素材(NewMaterial)で、単純ならせん構造を持った炭素からできており、無毒です。

ヘリカル炭素、構造化微量要素共に、臨床研究におけるがんや難病の投与例があります。

 

これらは、毒性の有機化合物で構成される抗ガン剤とは異なり、一切の有毒性成分は含まれていません。


単純な炭素らせん構造が、生命になんらかの力を及ぼしていると考えられます。

ヘリカル炭素(Helical Carbon(PAT PCT))と構造化微量要素(Structured Micronutrients(US PAT))の臨床研究は2016年現在もおこなっています。
 
 



Helical Carbon (Carbon Micro Coil), Structured Micronutrients
US PAT, PAT PCT, 日本化学会・文部科学大臣賞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コカインが引き起こす症状

2015-11-05 20:49:22 | がん

先月、自宅でコカインを所持していたとして麻薬取締法違反容疑で逮捕されていたタレントの高部あい(本名・中山あい)が、尿鑑定の結果、陽性反応が出たことがわかり、今月4日にコカイン使用で再逮捕されたと報じられています。

高部容疑者は2004年、第10回全日本国民的美少女コンテストでグラビア賞を受賞し、芸能界に入りました。翌月には「美少女クラブ31」に加入し、タレントや女優、声優として活動。今月半ばに所属事務所のサイトから公式プロフィールが突然削除され、ファンからは心配されていました。まだまだこれから先の活躍が期待されていた高部の突然の報道に、多くのファンが驚いています。

過去に麻薬所持で逮捕された芸能人はほかに、押尾学や内田裕也、田代まさしやカルーセル麻紀などがいます。コカインとはどのような薬物なのでしょうか?

■心身ともに蝕むドラッグ

コカインは「1度やっただけでも虜になる薬」と言われ、身体と精神の両方に依存性をつくります。さらに、コカインを使うと耐薬性が向上するため、同じ効果を得ようとすると薬物の量が増えていくのです。薬の効果が切れるとイライラした抑鬱状態になり、自殺の衝動に駆られることもあります。

コカインは少量であっても、意識障害や幻覚、妄想、記憶力の低下、痙攣(けいれん)などの症状を引き起こし、呼吸や心拍をコントロールする脳の機能を壊します。呼吸困難に陥る危険性がある恐ろしい薬物です。なかには皮膚と筋肉の間に虫がはいまわるような感覚を起こす「皮膚寄生虫妄想」を起こす人もいます。脳への影響も大きく、痴呆状態になることもあり、常用している場合は鼻の粘膜に腫瘍を作っている可能性が高いです。

コカインの作用は覚せい剤よりも強い傾向があります。持続時間が短く、効力が切れると強い不安感に襲われるため、感情の起伏が激しく、ぼうっとして意識が朦朧とした状態になります。周囲の人間が、薬物を使用していることに気づくケースも珍しくありません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00010001-mocosuku-hlth

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癌との向き合い方

2015-11-02 22:24:01 | がん

★外科手術、抗癌剤、放射線療法、分子標的薬は対症療法です
対症療法でなおるほど癌はあまくはありません。癌をなめてはいけません。

最近話題の『免疫細胞療法』や『活性化自己リンパ球移入療法』も、対症療法です。

対症療法では、がんになりやすい体質は改善されておらず、効果に関してもたかがしれています。

対症療法ではなく根本的治療方法を選ぶべきです。根本的治療方法でなければ、癌はなおりません。

癌患者やその親族は次のことを心がけるべきです。


1.○○大学病院信仰をやめること。
★○○大学病院や○立癌センターなら安心だろうなどという意味もない信仰を捨てること。

2.外科手術、抗癌剤、放射線療法などの3大療法で癌が治ったとしても、体質改善もおこなわなければ再発リスクは一生ともないます。

3.抗癌剤が効くということと、癌がなおるということはまったく違う意味です。


4.がん治療がうまくいっていない人やその家族の話をまじめに聞く必要はありません


5.癌から生還した人の体験談などを繰り返し、見聞きして、頭にいれること。


6.確実に再発・転移をとめられる代替医療や自然療法の専門家にも一度診てもらうと、また違った角度から話がきけます。


参考

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083022315

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘリカル炭素、構造化微量要素を使った臨床研究

2015-11-02 22:20:13 | がん

ヘリカル炭素は、日本化学会・文部科学大臣賞を受けた新素材(NewMaterial)で、単純ならせん構造を持った炭素からできており、無毒です。

ヘリカル炭素、構造化微量要素共、毒性の有機化合物で構成される抗ガン剤とは異なり、一切の有毒性成分は含まれていません。


単純な炭素らせん構造が、生命に不思議な力を及ぼします。

ヘリカル炭素(Helical Carbon(PAT PCT))と構造化微量要素(Structured Micronutrients(US PAT))はこれまでの研究で様々な成果をあげています。


ヘリカル炭素と構造化微量要素に関する資料を提供いたします。 a1@eidaka.comまで、「代替医療学会参加」と明記のうえ、住所、氏名、年齢、携帯、経過を添えて申し込みください。
参加と明記することによって、一切、義務、責務は発生いたしません。

※ヘリカル炭素と構造化微量要素は、薬事法で示されているところの薬剤ではなく、効果効能をうたった製品でもありません。研究試料としてのみ提供しています。

 



Helical Carbon (Carbon Micro Coil), Structured Micronutrients
US PAT, PAT PCT, 日本化学会・文部科学大臣賞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緩和ケアから職場復帰を果たした例

2015-11-02 22:11:31 | がん

七種手法一斉処置の臨床研究

(強い活性)
1.構造化微量要素---US PAT
2.ウラニウム(60 Kg)

(穏やかな活性)
3.ヘリカル炭素----------PAT PCT
4.ベータ線
5.遠赤外線-------------JPN PAT

(基本的効果)
6.整体
7.ウォーキング



<臨床研究実績>

・非小細胞肺癌(stage IV)から職場復帰へ4ケ月

・乳癌(stage IV)から職場復帰へ2ケ月

・2時間~数日でステージIV離脱、うつ、統合失調症、潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎、不妊症、生活習慣病、ウィルス病

 

※上記処置は、医療機関主導の臨床研究としてのみおこなっております。

※特定の効果効能を謳うものではありません。


臨床研究に関する資料請求は、「代替医療学会参加」と明記の上、a1@eidaka.comまでご請求ください。PC mail addressを明記してください。また、住所、氏名、年齢、携帯、病気の経緯を明記してください。

 

 

HC47

 

HC48

 

HC44

 

HC4HC9

 

 

 

HC44

 

HC46

 

Helical Carbon*
PAT PCT*
日本化学会・文部科学大臣賞*

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近藤誠の「がん放置療法」

2015-11-02 22:03:29 | 薬効

下記のような説を唱える医師もいるようですので、考え方のひとつとして紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「がんは放置がいちばん」「抗がん剤は毒だ」「がん検診は死者を増やすだけ」――。センセーショナルな言説で医療界のがん治療を批判する近藤誠・元慶応義塾大学医学部専任講師の著作『がん放置療法のすすめ』などが次々とベストセラーになり、話題になっている。その「近藤理論」をどう思うか、医師と患者側双方のアンケート調査がまとまった。2015年10月26日、医師の会員制サイト「m3.com」のニュースサイト「医療維新」が、経済ニュースのサイト「News Picks」との共同企画で発表した。

   それによると、医師側は「99害あって1利なし」などと大半が否定的だが、それでも3割は「聞くべき点もある」と答え、一方、患者側は6割近くが「賛成」「聞くべき点もある」と肯定的であることがわかった。

大半は「99害あって1利なし」も3割「聞くべき点ある」

   近藤氏が提唱している「がん放置療法」を簡単にまとめるとこうだ。がんには本物の「がん」とニセモノの「がんもどき」と2種類あり、本物は発見時には転移しており治療しても無駄。ニセモノは転移しないので、放っておいてもよい。いずれも積極的な治療は必要なく、抗がん剤や手術などは患者を苦しめるだけというもの。

   「医療維新」らのアンケートに答えたのは、医師側(m3.comの会員)476人、患者側(News Picksの会員)326人。「近藤理論」について、医師側では「賛成」(3%)、「知らない」(12%)、「聞くべき点もある」(32%)、「反対」(53%)だった。一方、患者側では「賛成」(6%)、「知らない」(21%)、「聞くべき点もある」(52%)、「反対」(21%)と、両者の見方が大きく開いた。

   自由に意見を書く個別回答では、医師側から厳しい批判が多く出た。

   「こういう人をマスコミが取り上げるから日本の医療は崩壊する」「マスコミではなく学会でも発表してほしい」「エビデンス(医学的根拠)が不明」「まったくの机上の理論。宗教家だと思う」「近藤先生ががんになって証明してみてください」などと、特に医学的根拠に疑問が出された。

   同時に「がん治療は必要だ」として、「近藤理論の悪影響」を指摘する意見が相次いだ。「最後はまともな医師が近藤さんの患者のフォローをすることになる」「積極的な治療で恩恵を受けている患者はたくさんいる」「補助化学療法は一定の効果があるし、切除不能でも治癒が望める場合がある」などだ。患者側でも「がんは怖いので放置できない」「無駄な治療かどうかは本人が決めること。医師が『無駄だ』と提唱するのはおかしい」という意見も。

患者は「疑似医学か医学か、臨床実験で決着つけて」

   しかし、医師の側でも肯定的な意見があったのも確かだ。

「治療しないのも選択肢の1つ。そういう考えを広めたのは素晴らしい。対象患者を受け入れる態勢づくりが必要だ」「確かに見つけた以上、何かをしなければという現状は異常。患者の期待値が高すぎるのが問題。人間、いつか死にます」「助けられる場合は積極的に治療すべきだが、若干の延命のみであれば選択の余地があっていい」

   患者側でも「進行性のがんは、緩和治療をのぞき治療はとめる」「高齢者の寿命を半年伸ばすのに、抗がん剤を何百万円も使うのは馬鹿げている。抵抗力を弱め、死期を早めるだけだ」という意見が多かった。

   患者側で目立ったのは、「一般人は疑似医学と医学の区別がつけられない」「何が真実か判断できないから、臨床試験を実施して(近藤理論を)検証してほしい」という、医学界で「論争」の決着をつけてほしいという意見だ。

http://www.j-cast.com/healthcare/2015/10/29249172.html?p=1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加