代替医療学会 The Society of Alternative Medicine from 1987

日本で初めて代替医療を登記(1987)。構造化微量要素、ヘリカル炭素、ホルミシスの特許、実施例掲載

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

テロメアの加齢による減少とヘリカル炭素(CMC)によるテロメアの増加

2014-09-03 23:29:33 | 日記

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘリカル炭素、構造化微量要素、ラドン吸引とテロメア

2014-09-03 23:28:59 | がん

遺伝子の末端構造であるテロメアは、加齢とともに減少する。

加齢とテロメアの関係

 

ヘリカル炭素、構造化微量要素、ラドン吸引添加によってテロメアの含量は増加する。すなわち、遺伝子は、加齢によるテロメア含量の減少に逆らって幼若化する。 

 

ヘリカル炭素、構造化微量要素

US PAT, PAT PCT, 日本化学会・文部科学大臣賞


Telomere


 

テロメア - Wikipedia

 

ja.wikipedia.org/wiki/テロメア

テロメアの構造

sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject07/.../section1.html
 


 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細胞の老化に関係するテロメア修復の仕組み

2014-09-03 23:28:19 | がん

Telomere

 

(関学大理工)らのグループによって明らかにされ、米国科学アカデミー紀要に掲載された。

 通常、細胞は分裂のたびにテロメアが少しずつ短縮し、一定の長さになると細胞の寿命を迎え、分裂を停止する。一方、生殖細胞やがん細胞では、テロメラーゼと呼ばれる酵素が働き、長さを保つためにテロメアを修復。一種の不死状態であることが知られる。

 修復の際、テロメアを伸ばしすぎず、元の長さに収める仕組みは不明で、田中教授らは常にテロメラーゼが働く酵母菌を使って実験した結果、元の長さまで修復が進むと、SUMOタンパク質が、テロメアに付着している別のタンパク質と結合して、テロメラーゼをはじき飛ばし、修復を停止することを明らかにした。

 テロメアは、細胞の老化やがん化に関係することで注目され、2009年のノーベル医学生理学賞を受賞。田中教授によると、「酵母菌とヒトではテロメアが似ており判明した仕組みがヒトのがん細胞などにも当てはまる可能性がある」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140629-00000004-kobenext-sctch

 

テロメア - Wikipedia

ja.wikipedia.org/wiki/テロメア

テロメアの構造

sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject07/.../section1.html

テロメア短縮

pharmacy.client.jp/rouka3.html
 
Helical Carbon
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加