Asian Law Students Association Japan ALSA中央大学ブログ

ツイッター@alsa_chuoもよろしくお願い致します(^-^)/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11/13 派遣AA

2016年01月30日 22時05分20秒 | Weblog

お久しぶりです!!!広報の早川です!!

今回は11月13日に行われましたAAの報告をさせていただきます!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

私たちが考える派遣のあり方

~労働者派遣法改正を踏まえて~

TC 法学部国際企業関係法学科1年 平田礼王

AC 法学部国際企業関係法学科1年 櫻井和樹

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さあ、今回は国際企業関係法(通称:こっき)の男二人が派遣法改正についてAAをしてくれました!

今回のブログはこのAAでTCを務めました平田礼王くん(通称:キング)に書いてもらい、解説等してもらいたいと思います!

それではまず趣旨文から見てみましょう!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 みなさんこんにちは。今回のAAでは「労働者派遣法」を取り扱います。みなさんの周りに派遣の仕事をしている方はいらっしゃいますか?

 さて、労働者派遣法の改正案が、今年の夏前に話題となっていましたが、安保法制の影に隠れる形として成立し、国民の意識の中から消えてしまってはいないでしょうか。私たち学生はアルバイトという点で派遣に関わることが多いですが、それを生業としている人もいます。しかし今回の改正案では、ただ派遣に関わっている人だけでなく、なんと正社員も影響を受ける可能性があります。自分が関わる可能性があるから知るべきだというわけではありませんが、今後の日本の働き方を変える法律であることは確かです。これから派遣の仕事をしようと考えている人も、そのつもりのない人も一緒にディスカッションをして、派遣についての正しい理解を深めていきましょう。

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

もくじ

1, Brainstorming

2, 平成24年度改正の旧労働者派遣法について

3, Lecture Discussion

4, 新労働者派遣法について

5, Lecture Discussion

6, 海外と日本の雇用について

7, Final Discussion

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1, Brainstorming

Q. 皆さんは派遣労働に対してどのようなイメージを持っていますか?また派遣労働をやってみたいと思いますか?

・誰でも出来そう、単純作業が多そう

・低賃金

・会社での地位が低そう

・不当な差別

・専門性が要求されそう

などなど色々な意見が出ました。つまり、誰でもできる単純作業から高度な専門性が要求されるものまで派遣労働が浸透してきていると言えるのではないでしょうか。また"派遣"という言葉上、正社員と比べて賃金や待遇面で劣るイメージがあるようですね。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2, 平成24年度の旧労働者派遣法について

まずは派遣法の歴史から振り返ってみましょう。

戦後日本では、戦前に横行していた仲介業者による中間搾取や強制労働から労働者を守るために派遣労働は法律で禁止されていました。しかし1960年代にアメリカで人材派遣ビジネスが導入され始め、職業安定法とは別建てで、1985年に日本でも「労働者派遣法」が制定されることになりました。そのため、限られた業種のみ派遣を認めていましたが、経済状況の悪化に伴い一般業種への派遣労働拡大が進められました。そして、記憶に新しい2008年のリーマンショックに伴い「派遣切り」が発生し、年越し派遣村が社会問題となりました。

 それでは派遣の基本からおさらいします。

このように、派遣社員は、派遣会社(派遣元)に所属し、労働契約を結びます。派遣元と派遣先は派遣契約を結び、派遣先は派遣社員に指揮命令を下すことができます。これが派遣労働の基本的な構図です。

労働者派遣法の原点は、労働者をきちんと守ることです。その点はきちんとおさえておく必要があります。

平成24年度の改正では ①事業規制の強化、②派遣労働者の無期雇用化と待遇改善、③違法派遣に対する迅速・的確な対処 が焦点となりました。

現状として大まかに

・あまりにも短期の雇用は将来に不安を残す

・派遣社員の常用により、劣悪な環境に陥りやすくなる

・労働者に対して違法な扱いをする

といった問題点があります。

Lectureの内容を本当に簡単に箇条書きにしていきます。

①事業規制の強化

・日雇派遣の禁止 (日雇の定義は深いので、ブログでは省略しますね) 

・グループ会社に派遣できる割合の規制

②派遣労働者の無期雇用化と待遇改善

・無期雇用への努力義務化

・派遣契約解約時に講ずる措置を明確化

・派遣元が仲介料として何パーセントもらうかを説明

③違法派遣に対する迅速・的確な対処

・労働契約申し込みみなし制度の創設(平成27年10月1日施行)

・欠格事由の整備

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 3, Lecture Discussion

Q. 「平成24年度改正の派遣法」の効果的な点、不十分な点を挙げ、それを補うためにはどうすれば良いか話し合ってください。

・努力義務や説明義務といった柔らかい文言なため、徹底されないのではないか。

・骨抜きな部分が多数存在し、あまり変わらないのではないか。

・現状よりは労働者が守られるのではないか。

といった意見が出ました。

より労働者が守られるという意見が出た一方、骨抜きや法律が徹底されないのではないかといった正反対の意見が出ました。

両者の意見の違いはどこから来るのか、さらに深掘りしたDiscussionができればと思います。

Lectureの内容がなかなか難しく、Discussionの時間を確保しましたが頭の中を整理することに時間がかかってしまい、よりわかりやすく伝えられるように改善していきたいです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4, 新労働者派遣法について

・全ての労働派遣事業の許可制の一本化

・労働者派遣期間制限の見直し

・派遣元/先事業主義務の追加

大きな変化として、特定26業務の廃止と派遣可能期間は原則3年までとなる。

あまり具体的にブログには書きませんが、制度が大きく変化したことは確かですね。 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5, Lecture Discussion

このように大きく変更された派遣法でありますが、今後日本政府は派遣事業をどのようなものにしたいと考えているでしょうか?改正後のメリットデメリットを含めて考えてみてください。

・企業の人件費が大幅に削減できることになるため、企業に有利になる。反対に、労働者側は解職させられやすくなり、職の不安定さが大きく残る。

・経済優先である

といった意見が出ました。

今回もLectureがなかなか難しく、中身の理解に時間を取られ、改善の余地がありますね。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6, 海外と日本の雇用について

(ドイツの例)

・ 2003年、期間制限の撤廃により労働者派遣事業が急速に拡大しかし、正社員を解雇し派遣労働者のみで運営する会社が誕生してしまうなどの問題が発生し、最低賃金制度の導入や派遣期間の上限を設定するなり、正社員との待遇均等化を検討している。

(フランスの例)

・ドイツとは正反対で、常用雇用の防止が色濃く反映されている派遣法が整備されている。

欧州と日本という大きなくくりで、社員の雇用体系を比べてみる。

(欧州)

・基本的に同一職務には同一賃金が支払われる。

・会社間は移動するが、行う業務は同じ。

・福祉政策の充実により、ある程度の賃金でも生活が可能。

・できるだけ熟練者を採用しがちになり、若者の失業率が高い。

・技術革新などで、仕事自体なくなり、大量の失業者を生みやすい。

(日本)

・年功序列制により、正社員か否かが人生を大きく左右する。

・家父長制の名残により、給料だけで全てを賄わないといけない。

・会社は変わらないが、その中での業務が変わる。

・配置転換が可能なので、大量の失業者は生まれにくい。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7, Final Discussion

日本と世界の労働の現状を踏まえて、今後の理想の派遣のあり方を話し合い、形として提示してください。

・やはり日本と世界は異なるので、このままの労働制度は残すべきだ。

・派遣法成立の経緯を考えて、労働者が第一となるようにもっと企業に対する義務を課すべきだ。

・派遣社員による労働組合を作るなどして、もっと労働者個人ではなく団体となって声をあげられる仕組みを作れたらと思う。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回のAAを踏まえて、また二人にはさらにレベルアップしてもらいたいです!!

それではまた!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/6「恋愛学AA」 | トップ | 11/20「原爆AA」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む