すべての山に登れ

日々のできごとと山の思い出

年始の金剛山

2017-01-04 14:30:31 | 山登り
1月1日(日)
 昨年に続き、頂上で新年を迎えるために、逆算して10時ごろ家を出る。これなら到着して火にあたりながら、カウントダウンできるはずだ。登山口に到着。車は数台。よし、時間は十分ある。同行者は妻と息子。ライトを頼りに寺谷ルートを登り始める。妻と息子がデイパックを背負い、私は空身。妻の背から破魔矢の鈴音がリズミカルに響いてくる。ときどき腕時計を見る。遅い。とうとう第4ベンチ(水場がある)を過ぎたところでカウントダウン。5、4、3、2、1、明けましておめでとうございます。
  
 漢字クイズをしながら登ったせいか(考えると、遅くなる)、それとも、調子が出なかったせいか。そのうち調子が出るだろうと思っていても、調子が出ないままのこともよくある。漢字クイズというのは一つ漢字を決めて、その漢字を使った熟語を順に言い合うという他愛のないゲームだが、これがなかなか面白い。この日は新年にちなんで「年」。年頭、年初、青年、幼年、若年、年男、年女……と答えていくうちに味のある言葉や難解な言葉が出てきて、いい言葉やね、そんな言葉あるの。大脳は活性化し、体は休もうとする。かくして、遅くなる。

 まず、葛木神社に参拝。まだ、参拝者は多くはない。宮司さんに新年の挨拶をし、新しい破魔矢をもらう。お神酒をいただく。少し口にする。麹の甘さが口に広がる。とてもおいしい。妻と息子もいただいた。奈良の香芝で造っているお酒である。続いて、転法輪寺に参拝。火の周りに人が集まり、暖をとっている。どうぞあたっていってください。いつまで火の番をするんですか。朝までです。あとは、だれかが火の番をしてくれます。
 そうなのだ。毎年、登山者(参拝者)の誰かが、あとを引き継いで火のお世話をしてくれている。思えば、葛木神社と転法輪寺には多くの関係者がそこに集い、いろいろな形で支え合っている。誰もが何かをしたくなる魅力が存在するのだ。

 頂上は日の出前あたりから賑わい始める。参拝してご来光を見にいく人。ご来光を見てから参拝する人。参拝だけの人。参拝をして山の食事をする人。互いに新年の挨拶をする人。誰もが、登ったという雰囲気を少し漂わせながら新年を味わっている。


1月2日(月)
 この日も早朝登山。帰って、箱根駅伝を見る。途中からチャンネルを切り替え、楽しみにしていたラグビー大学選手権準決勝を見る。しかし、母校は大敗。決勝戦は東京で見るつもりだったが、残念。だが、課題だけでなく成果も見えた。頑張れ。


1月3日(火)
 早朝登山。下山中、昨日新年の挨拶をしたFさんご夫婦と出会う。山の話をしていると、以下のことがわかった。昨年、白馬岳に登った。3年前は若い女の子を2人連れて、蝶ガ岳へ。5年前の夏は富士山に登り、1週間後槍に登った。そのあと穂高にいった。下山は雨で怖かった。「今年はいよいよ75歳。後期高齢者です。」と明るい。ううむ、すごい。ちょっと迷っていたが、決めた。今夏は久しぶりに穂高を縦走するぞ。


1月4日(水)
 明日も登って、早朝連続登山はいったん終了。大晦日から連続6日登ることになる。今年は雪のない年末年始だった。次から週末早朝登山に戻る。

 昨年の元旦登山では、寺谷を下山中、転落して救急病院で縫ってもらって、5日に初出勤。後頭部と頭の横に包帯と大きな絆創膏。職場で「頭によくけがをされますね。」と皆から言われ、恥ずかしい思いをした。痛い目にも遭ったので、今年は事故を起こさないよう気をつけた。息子も付き添ってくれた。無事でよかったと思う。

 昨年の下山中、後ろを振り向いて遅れている妻に「おうい、大丈夫か。」と言って、一歩を踏み出した途端、空を踏み谷に転落したのだ。考えてみると、振り向いた後の一歩が問題を起こしていることが多いようだ。たぶん、その一歩を見ていないのだ。暗闇ならなおさら確かめる必要があるのに。妻は、「返事をした途端、姿が消えたので、どこかに隠れたのかと思った。」と言っていた。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金剛山の「かぎろひ」 | トップ | 葛城山 ファミリー登山のき... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
金剛登山の様子がよくわかりました (鬼井江)
2017-01-07 00:02:31
新年早々、毎日のように登山していたのですね。「若いなあ!」と、恐れ入りました。
ケガには気を付けてくださいよ。そろそろ我々は、「予期しない間」に足をすくわれる時があるかも・・・。高齢者登山事故は激増しているようです。私も歩き旅では、気を付けて歩きます。もっとも、「のんびり行程の歩き旅」ですが・・・。3年もかかって、京都から東京まで歩いているのですから・・・。Kさんの登山ペースに比べたら、「おっとりペース」歩きです。
それにしても、Kさんの金剛登山、現役のころから続けているペースを想像すると、「すごいなあ!」と、今回のブログを読んで再認識できました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。