ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

関井一夫・ひろみ 金工展 万華鏡&錫器 展示終了いたしました。

2016-10-11 | 企画展 金工・鍛鉄
 
関井一夫・ひろみ 金工展 万華鏡&錫器 
昨日、展示終了となりました。
 
ご来店くださいました皆様、心より感謝いたします。
ありがとうございます。
 
関井さんの万華鏡を はじめてご覧になった皆様も多く、「きれーい」「うゎー」「こんな万華鏡はじめて見た」など、見てくださった皆様に喜んでいただき、こちらも嬉しいかぎりです。
 
関井さんは、万華鏡作家ではありません。金工作家です。
はじめてご覧になる方は、どうしても万華鏡作家という目線で見られてしまうのですが、外観の彫金や上部に付いた鍛金作品が、本来の仕事です。
会期は終了してしまいましたが、紹介できなかった作品をUPしておきます。
外観と中の映像イメージを重ねあわせた万華鏡です。外観を見ながら、中の映像を想像してくださいね(笑
 

ネコ型万華鏡


ヒツジの万華鏡は、中を見ていると眠たくなるイメージで。


リスの万華鏡の中には木の実も入っていました。


妖精万華鏡と天女万華鏡。
 
 
 


『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎚跡の陰影 | トップ | シライデザイン 帆布バッグ... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。