ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

ワークショップ  ツグミ工芸舎作 卓上手織り機「ORICCO」を使って布を織ろう 終了致しました

2015-09-07 | イベント
 
ツグミ工芸舎作 卓上手織り機「ORICCO」を使ってコースターサイズの布を織る、二日間のワークショップが終了いたしました。
2日目の様子を報告です。





2~3人にひとり講師が付き、分からない事や間違えた時も素早く対応して戴き、スムーズに作業は進みます。







2時間が「あっ」という間に過ぎちゃった、という感じで皆さん集中してました。
 
柄になる色は3色から選べたんですよ。



この他にピンクもありました。
 
2日目の主役は、小学校1年生の男の子。



と 会場内に笑顔を振りまいてくれた 妹ちゃん。



お兄ちゃんは、2時間ずっと集中して、完成した時にやっと笑顔になりました。
すごい! えらい! がんばった!



完成した作品も自慢げに見せてくれました。



すべての参加者が、無事に完成し「ORICCO」の販売にも期待する声も聞こえてきました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
そして、今回参加したいとお問い合わせいただいた皆様、申し訳ありませんでした。
次回開催を お待ちくださいませ。

Handweaver Magnetic Pole  facebook
 
 
キャンセル待ちも出たほど人気のワークショップだったのですが、
今回、各日5名様までしかお受けできませんでした。
それは、ツグミ工芸舎さんが制作された、卓上手織り機「ORICCO」が、まだ5台しかないのです。
しかも、1枚の布を織ると経糸の仕立てから作り直さないといけないので、
一度使うと、一台2時間近く準備時間がかかってしまうです。
「ORICCO」の販売も、もう少し改良されてからのようです。
ツグミ工芸舎さんの発表をお待ちください。

ツグミ工芸舎 HP
 
 
最後に、参加していただいた方にお出しする「糠クッキー」を お一人の方に渡し忘れてしまいました。
後日、代わりに 鈴木悦郎ポストカードを送らせていただきます。
申し訳ございませんでした。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古材の筆箱 | トップ | ハル君の制作ノート »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。