ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

アルピーノ村 銀花・樟楠ギャラリーからのおたよりです 2017.7.6

2017-07-06 | あるぴいの銀花ギャラ...
アルピーノ村 銀花・樟楠ギャラリーからのおたよりです 2017.7.6
 
今年も 大きな あじさいの花、咲いています。
咲き始めたばかりの やさしさから色を変えながら、石膏化していくような白を交え
造りもののような、石の花のような、雰囲気です。
 
銀花ギャラリーの始まる前にいただいた、悦郎先生の絵を飾りました。
皆、若く、元気いっぱいの頃です。
「モチーフがいっぱいあってね、死ぬまでに描ききれるかしらん」
悦郎先生の そんな言葉が思い出されます。
悦郎先生のエネルギーを思います。感謝
 
たくさんの出会いがあって 今があります。
素人の私たちでしたが、レストランという 仕事を 一生懸命に取り組んでいる所を
悦郎先生は評価してくださって、大切な作品の扱いを 私たちにも させてくださったのだと思います。
毎日を大切に 同じように見える繰り返しの大変さに、
悦郎先生の絵は、元気、勇気、清涼な風となって励まして下さいました。
たくさんの方々に つながり、結ばれました。
静かに ゆっくり、高みを目指し続けることの大変さ、大切さ、教えていただきました。
ご案内の「もんまるとる」の絵は、ダイニングにしっかり馴染んでいて
ギャラリーに展示できませんでしたが、お食事タイム以外の時間では、ご案内できると思います。
お声かけ下さい。
 
・ギャラリー樟楠は、堂本さんのうつわ展。
築110年余の建物と、本物のうつわ達は、しっくりマッチしています。
お楽しみください。
(阪 とし子)
 
 
======================================


あるぴいの銀花ギャラリー
7月7日からの展示



●わたしの鈴木悦郎展
 ALPINO COLLECTION

 2017年7月7日(金)~7月23日(日)
 11:00 ~18:00(最終日 16:00まで)火・水定休

 披露宴会場の「花車」の絵、できあがるまで飾ってと、やってきた「もんまるとる」。
 花車をいただいてても お返ししたくないと 駄々をこね、そのままアルピーノに。
 ダイニングの正面に飾ってあります。
 浮かれ茶屋さんで、悦郎先生の絵に出会って、ほぼ40年。
 初期の店内に飾っている絵は、皆様の目に触れていないかもしれません。
 七夕の季節に先生を思い出しながら ご覧いただきたく思います。
 先生の絵に囲まれ、皆様といただく食卓をご用意したいと思っておりました。
 よろしければご一緒に。
 
 -------------------------------------------------------------

● 7月22日(土)12時から お1人様3,465円(要予約・税サ込)
 乾杯ドリンク・オードブル・魚料理・特製デザート・食後のお飲物
 ご予約 アルピーノへ TEL 048-641-9489
 お誘いいたします。(阪とし子)
 
 
======================================
 
 
ギャラリー樟楠
7月15日(土)からの展示




●堂本正樹 陶展

 2017.7/15(土)- 7/30(日)
 11:00 -18:00(最終日16時まで)火・水 休み
 作家在廊日 7/15・16・30

 信楽、日本有数の陶器の産地にて、朗らかな人柄が写るうつわを制作される堂本正樹さん。
 そのうつわからは暮らしの音が聞こえる。
 台所の音、掃除の音、家族の会話、それは心地良かったり、少し気になったりしながらも、響いていなくていけない大切な音。
 堂本さんは精力的に新作にも取り組まれ、造りに限らず、釉薬も進化させて、100点を超えるアイテムが登場する予定(笑)です。
 百器繚乱、咲き乱れる暮らしのうつわ、耳を澄ましてご覧ください。

======================================
 
 
 
 
 
 

『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしの鈴木悦郎展 ALPINO C... | トップ | 堂本正樹 陶展 開催のお知... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。