ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

夾竹桃の種(ギャラリー樟楠)

2017-03-06 | 日々
スープのうつわと そえる木のモノの作家紹介の途中ですが、今日も慌ただしい一日になってしまい、紹介写真を撮れませんでした。
まだ紹介できていない作家さんにも申し訳ないです。
 
樟楠の門前にある、夾竹桃は、毎年、細なが~い莢を付け、2月末から莢を開き、綿毛の付いた種が ふわりと飛んでゆきます。



先日も 何かが目前に落ちてきたかと思ったら、春の風で舞い上がり、ギャラリーの屋根に。
根の張りが強い夾竹桃、へんな所で芽吹きませんように。


 
あす、あさってとお休みをいただきます。
作家紹介もペースアップしないと間に合いませんが、あすは1年くらい人の出入りがないという、色んな意味で、ちょっと恐怖を感じる窯まで行ってきます。
 
 
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小泉すなおさんのスープのう... | トップ | 山口みちよ 鍛金展 終了致... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。