ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

アルピーノ村 銀花・樟楠 ギャラリーからのおたよりです。 2016.7.14

2016-07-15 | マダムとし子から



アルピーノ村 銀花・樟楠 ギャラリーからのおたよりです。 2016.7.14(BCC送信)

朝日がのぼる頃、鳥たちの声が響きます。車の往来の少ないこの時間、鳥たちの鳴き声を楽しみました。
アルピーノ村、朝一番のお客様です(素敵屋さん2F 埼玉の鳥 紹介の展示あり)
 
アルピーノがオープンした1969年、地域の皆様に可愛がっていただきながら、新しい食を提供してきました。
それから47年、食の環境も 地域の環境も 大きく進化、変化をとげています。
10月3日には、すぐ傍に造幣局東京支局や博物館もオープンするそうです。
東大通り線をセーヌ川にたとえれば、右岸と左岸、新都心駅から見て 右岸はお菓子やさんとフランス料理アルピーノと
銀花ギャラリー、左岸に イタリア料理イルクオーレ、ごはんとお箸の洋食 素敵屋さん、野の花やさんアリリと
ギャラリー樟楠、地元のお客様は ずうっと見てきて下さっているので当たり前のアルピーノ村風景です。
ですが、結婚式参加のお客様や、近くのマンションに引っ越しなさった方には、
緑いっぱい、47年の歴史がかもし出す風格(?)とか、吹く風とか、とても喜んで 感動してくださるのです。
勿論、鎌田シェフの指揮のもと、中居シェフ、森シェフ、加藤シェフ、西山シェフ、藤田シェフが個性を発揮しながら
素材を大切にして 腕を振るっています。プロの料理人たちです。
そして、アルピーノ村にかかせないのがギャラリーの存在です。どの店舗にも 出会えた作家たちの作品が
普通に用の美を提供してくれています。
あゝ、この美しいものたちに見守られてきたからこそ、お客様を大切に お迎えできて、料理の道をきわめんとする
厨房スタッフと、サービスするスタッフと働いてきたのだと思います。
各々に 一途に一本道。
互いを励まし合い、応援しながら・・・。
すべてが 用の美だと思います。
この素晴らしい場を もっと気軽く 皆様の元気の出る場所と 身近においていただきたいと思います。
見直して下さい。
さて、これからの展覧会のご案内です。
ギャラリースタッフが 工夫をこらして 新しい出会いを作ります。
紙面がなくなりました。パンフレット 見てください。
(阪 とし子)

『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笠間益子 -craft&create-  ... | トップ | 笠間益子 -craft&create- ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。