ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

織りと磁器展 椋本 淑・新田つぎ はじまりました。

2016-03-12 | ギャラリー樟楠
 
織りと磁器展 椋本 淑・新田つぎ はじまりました。








 
福岡県で活動する 姉妹作家さんです。
 
姉の椋本さんは、東京で織りの教室も行っおり、天然素材の軽やかさを活かした鮮やかな織り。



妹の新田さんは、柔らかな曲線の白磁に 爽やかな絵付けや線刻、イッチン描きの花器も並びました。



有田で窯業学校の先生をしていた時期もあり、銀花ギャラリーで展示した事のある作家さんも「先生~!」と言って遊びに来てくれました。
 
 
織りと磁器展
椋本 淑・新田つぎ
2016年3月11日(金)~3月21日(月)
11:00 ~18:00(最終日 16:00まで) 火・水定休
作家在廊日3/11・12・13(15時まで)
 
 
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀田大介「白磁 印花 三島 7... | トップ | baisao_u 日本茶 ワークショップ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。