ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

-秩父への旅人- 詩と絵と版画 三人展 はじまりました。

2015-02-26 | 企画展 絵画・平面

-秩父への旅人- 詩と絵と版画 三人展 はじまりました。









初日、しっとりと雨が降る中、詩と絵と版画の作品たちは、静かに佇みながらも ぬくもりにあふれています。

秩父 小鹿野で 人気とうふ店のご主人 水村健治さんは 無農薬の畑を耕し詩を詠む。


暮らしの中にある家族の会話のような やさしい詩。ことばの大切さや あたたかさを伝えてくれる書が詩を惹きたてる。


田島昭泉さんは 私が10代の頃から影響を受けている方で 自然や人々の暮らしを守り子供たちに大切なことを伝え続け 秩父の山や芽吹き 恵みを題材に作品を描く。




高橋清一さんは 哀愁という格好良い言葉では表せない人の心にある感情や想いが伝わる版画を彫る。視野も広がり より深く「佇む人」が表現されている。



秩父での呼び名は紙芝居せいちゃん。
3/8紙芝居も楽しんで。



「原発止めよう秩父人」缶バッチ&カレンダーも販売しております。




-秩父への旅人-詩と絵と版画 三人展
2015年2月26日(木)~3月8日(日)
11:00 ~18:00(最終日 16:00まで) 3/4(水)休み

詩 / 水村健治 3/1・8在廊
絵 / 田島昭泉 3/1・8在廊
版画 / 高橋清一 2/28・3/1・3/8在廊
-----------------------------------------------------------------------------------
3/1・8 とうふ工房水むら販売(木綿 寄せ豆腐 食べる濃厚豆乳)
3/8 高橋清一 紙芝居(14時から・子供100円・大人200円)
詳細
-----------------------------------------------------------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加