色即是空 ~ 行く川の流れは絶えずして ~ 3

北の大地での生活

All things in the universe

<20 Jun 2017 Tue>

2017-06-20 | カフェ・レスト・ショップ

にゃんこ店長のいる猫道楽なカフェ


ここにも


ここにもにゃんこがいます。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <19 Jun 2017 Mon> | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (梶村)
2017-07-06 00:39:18
夜分に失礼します。
北海道単車一人旅
大まかなスケジュールできました。
宿もok
8月9日の夜に苫小牧到着 苫小牧泊
10日は道東自動車道で士幌から糠平湖
11日は屈斜路湖、摩周湖、阿寒湖 で屈斜路湖から南にある昭栄と言う一泊 千円の宿に二泊します。
12日は羅臼や網走、北19号
13日は釧路から大樹町 大樹町で一泊
14日は襟裳岬から苫小牧東港で夜の船で出航します。
初めてなんでわからないことばかりですが楽しみたいと思います。
美月さんのような美しい写真が撮れればいいですが、とれるわけないか。
風景だけでなくスイーツなんかも撮られるんですねーきれいに撮れてますね(^。^)
一人旅~♪ (美月)
2017-07-12 12:20:24
いいですね~
自由気ままな一人旅は、本当にいいです。

宿もおさえたんですね。
北海道はライダーズハウスやとほ宿やキャンプ場が充実しているのでいいです。

8月9日の夜に苫小牧到着 苫小牧泊
→町です。ホッキを出している店は多いと思います。美味しいですよ。

10日は道東自動車道で士幌から糠平湖
→いろんな道があると思いますが、どの道を通ってものどかな感じがすると思います。
糠平湖はYHも温泉でいいですね。
有名な日帰り入浴が可能な温泉宿もありますし、私は好きな地域のひとつです。
士幌あたりは、十勝らしい、だだっ広い感じがいいです。
糠平では沈む鉄道橋が見れますね。

11日は屈斜路湖、摩周湖、阿寒湖 で屈斜路湖から南にある昭栄と言う一泊 千円の宿に二泊します。
→ということは、大雪国道と層雲峡経由して美幌町からでしょうか?
三国峠までの道は本当に森が深くて綺麗ですよ。
時間があれば、朽ち行く鉄道橋や、今はなき国鉄の駅などが風情あります。
三国峠からの樹海も見ごたえあります。
層雲峡の銀河の滝は見ておかないといけないですね。

士幌からオンネトー、阿寒湖経由という道もありますね。
少し戻るので、たぶん、こっちじゃないと思いましたが、
阿寒湖が入っているので、こっちのルートですね。
足寄から阿寒湖へ向かう手前にあるオンネトーは素晴らしですよ!
お天気にも左右されますが、真っ青な湖がとてもきれいです。温泉も良いし宿もいい。

屈斜路湖も時間があれば野湯巡りしたり、さらに時間があれば和琴半島あたりも見れますが、
結構、見どころが多い地域なので大変ですね。

と思ったら二泊だった!それは本当にいいチョイスです!
湿原も見れますし、多和平も寄れますし、開陽台も見れるかな。

温泉好きならオーロラ温泉もオススメです。

12日は羅臼や網走、北19号
→川湯温泉経由ですね。
ウトロを含めた知床観光ですね。ここも見るところが多いので時間かかりそう~
カムイワッカの滝は今行けたかな?
時間がかかったら網走ははずしてもいいかもです。

13日は釧路から大樹町 大樹町で一泊
→羅臼から釧路に行くのでしたら、
野付半島もいいし、厚岸の霧多布湿原を経由して、海沿いの昆布森の道を経由していくといいですよ。
釧路はごはんを食べるつもりでしたら、
観光だと市場もいいですが、市場より鮭番屋が安くておいしいかもです。
釧路市内は道がややこしいので、ちょっと迷うかもです。
釧路湿原は、湿原の南側を走る道(市内をパスする道)を走れるといいですね。ちょっと遠回りになるかな。
細川展望台はおすすめですが、見る時間ないかもです。

14日は襟裳岬から苫小牧東港で夜の船で出航します。
→襟裳から苫小牧への道は、途中、サラブレット街道が綺麗です。
三石道の駅の温泉施設のごはんがめちゃくちゃ美味しいです。

地図見ないでさらっと思いついたことなので、
また、地図みながらお返事しますー。

写真は心に響く景色に出会ったときに、シャッター押せば撮れますよ。
水平を気にして、そこそこのカメラを使ったら、誰でも撮れるようになりましたね。

楽しみですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む