読書のすすめ

日々の読書感想文

本質をつかむ思考法 伊藤真 著 2010.3

2017年05月16日 22時32分00秒 | Atsushi
本質をつかむ思考法 伊藤真 著 2010.3

《読む目的》本質をつかむ
《質問》本質とは?
《発見》「何のために」を意識し、複数の可能性を想定する。

《ポイント》
◼︎正解を求めるクセをやめる。
・世の中の多くの問いには正解は存在しない。
・いい解決法は、試行錯誤の中で、あるとき突然見つかる。

◼︎「本質思考」とは物事を多方面から見る考え方(多面的、立体的)

◼︎朝鮮半島38度線
北側は関東軍、南側は大本営が管轄していた。関東軍はソ連に、大本営は米国に降伏したことが38度線の始まり。

◼︎予測する未来像は
決してひとつにとどめない。複数の可能性を想定することが重要。

◼︎言葉を疑う
・その言葉が具体的に何を指すのか、そこにある意図を読み解く努力が必要。
・同じ言葉でも発言者によって意図が違う。具体的に何を意味するのか
・みんな賛成を、鵜呑みにしない

◼︎情報はできるだけ活字から仕入れる。

◼︎「何のために」を意識する。だけで、成果が大きく変わる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怒らない経営 江見 朗 著 201... | トップ | ジェネラルルージュの伝説 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。