東北アルパインスキー日誌 ブログ

東北南部の山での山スキー 沢登り 山歩きなどと共に、田舎暮らしなどの話を交えながら綴っています。

吾妻連峰 若女平コース 2016.02.11

2016年02月12日 | 山スキー
1月予定を繰り越してしまった若女平コースだが、駐車場に集まったのはいつものメンツが6名。期待した晴天のはずが怪しい雰囲気で、リフトの運行待ち1時時間半でようやくのスタートとなる。

意外な深雪で既に続いている深いトレースを進んでカモシカ展望台に至り、やや視界不良の中を西吾妻小屋を目指して右に進む。誰のいない小屋だったが、やがて西大巓方面から二十日平コースを目指すスキーがやって来て小屋は賑わう。

同じ会のUさんも西大巓経由でやってきて元気な姿を見せたが、お楽しみのはずの西大巓の東斜面は余りの深雪で直滑降で降りてきたらしい。6~7人の先行パーティーの後だが、二十日平も下部はラッセルの気配があって楽には思えない。

ランチタイムの後、後からからやって来た4人を含めて団子状態で下って行き、意外な深雪に少してこずりながら右へ左と樹林帯を進んで降りて行く。広い樹間の斜面は快適に飛ばして気分は良いが、傾斜が緩んでくるとラッセルが入り若女平手前で小休止。

若女平から下の適度な斜面は意外に快適で、急斜面から名物の痩せ尾根をスムーズに通過すると杉の樹林帯コースに入ってゆく。ショートターンでクネクネ降りて行き、フィナーレの急峻なトラバースをクリアーして最後の杉の植林地尾根コースを抜けるとゴールに到る。

期待した西大巓の東斜面を逃がして物足りない雰囲気だったが、気温が低めで深雪でも板は良く走りラッセルが少なかったのは救いとも思える。

























東北アルパインスキー日誌


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 龍上海 東根店 | トップ | 宮城蔵王 北屏風アプローチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL