東北アルパインスキー日誌 ブログ

東北南部の山での山スキー 沢登り 山歩きなどと共に、田舎暮らしなどの話を交えながら綴っています。

村山葉山 烏帽子岩コース途中敗退 (山形県) 2012.02.26

2012年02月28日 | 山スキー
なぜかタイミングか運が悪いというかそれとも相性が悪いのか、途中退却が意外と多い村山葉山の烏帽子岩コース。2005年からここを訪れて7回目だが、その中で4回は目標に届かず下降して、山頂に立ったのは2009年3月の1回のみ。

今回は悪天候は覚悟でやってきたが、三枚平から先の尾根の急登でなんとなく雪質に違和感を感じた。何時になくシールが滑って踏ん張りが利かず、崩れるようなサラサラした雪質がしっくりこない。

南東北の山ではやや粘着質のある粉雪だが、この様なしっくりこない雪は珍しい。ジグを切って板を蹴り込むと簡単に破断してしまい、不安定な雪質で20cm下には明らかな弱層がある。

忠実に尾根筋をたどれば問題なく登れるが、次第に強まる風雪でモチベーションも低下し、600m程高度を上げた所でギブアップ。最近はあっさり退却のパターンが多くなった。

しかし、下りのオープンスロープは激パウをしっかりと頂き、それでもやって来て良かったという実感は残せた。手軽に楽しめるこのパウダーエリアはまさに「パウダー道場」で、こんな時他に訪れる人もいないがそれでも良い。

お楽しみは帰りに訪れるのが毎度のパターンになった集落内の「おんどりそば」で、意外とお昼時には以外にはスノーモービルの団体さんがやってきて賑わっていた。

自家栽培のそばを10:1で引いた細打ち「細い板そば」は喉越しもよく、大板そばで¥1000という値段にも納得する。からしと醤油を付けて食べるきくらげがうまい。スキーヤーも少しは地元に貢献?一度¥300を払って温泉に浸かったこともあったが今は予約制なのが残念。

それにしてもここ山之内集落の積雪は尋常ではない。朝日連峰の大井沢と変わらない積雪に思える。
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いったい何だこの大雪は!!... | トップ | 遅れてやってきた春の恵み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL