あろは~♪ ぷらぷらさとうだよ^ ^♪

不思議村の村長P^ ^ちゃんのホロホロらいど。。♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パウさんと行くロードで激坂余市ツアー

2012-04-30 | ロードとか^ ^♪

4月30日 (日) はれ 22℃かな 暖かかった

 パウさん撮影

なんだ坂、こんな坂・・・♪  うわぁ~きっつい!

ロードは一人でばかり走っていた私。 初めてローディさんと走る機会を得る。

しかも、昨日に続き、激坂・・・汗。

 パウさん撮影

ロードバイクって、もっと楽なものだと思ってた~、それがどうしてどうして、求めるもの(スピード、距離、激坂)が違ってくるので、結局は苦行となるのでした・・・トホホ。

これは、暫くGGSの看板は降ろさざるを得ないかな・・・、

虎の穴に行こうか?

いや、ホワイトラインバイシクルで、機材を鍛えなおそう。

その方が、楽そう・・・笑。

私、苦行大好きの不思議村サイクリング苦LOVEの助役してます。・・・矛盾・・・ハハハ。

タクランケさん(写真左)からのお誘いで、タクランケさんの第2の師匠パウさん(写真右)の企画で余市まで行きます。

第一の師匠はテツさんと言うらしい。この方がまた、更に凄いらしい。

ここで、パウさんは、バナナ半分、タクランケさんは、カロリーメイトみたいので、エネルギー補給。

フムフム、ロングライドではこれが必要なんだ・・・メモメモ。

しかし、日頃より人混みは嫌いと言いつつも、アウトドアやサバイバルなどにはまったく向かない私は、手稲山登頂に引き続き何の備えもなし。

タクランケさんから半分貰いました。 あ~タクランケさんのエネルギーが半減してしまう・・・。

早くお店(昼食)に入りたい~。この辺りですでに持ってきた水が・・・底をつきそう・・・ヤバイ。

フルーツ街道を通って余市へ、 ここまでの行程が、大変で、何度、DNFを考えた事か・・・。でも、タクシーなんか流してないし・・・。笑

と言うわけで、写真なんか撮る余裕も、ブログネタになるお喋りをする余裕も、まったくなしの、へろへろふらふらです。ハハハ。

それで、ブログ上では、あっさり、余市到着。

この間に、一人登りながらいろんな事を考えていたのですが・・・思い出せません。

登り続きでずっとサドルの前に座って痛かったので、サドルを前に出しました。

このビアンキ、2008年に買ってから全然乗ってないし、購入したショップにも行ってないし、良く見るとサドルだけは乗り慣れるにつれ、どんどん高くなって、ハンドルは下がって・・・と我流が重なり、いかにも窮屈そうなセッティング。

自転車選びは店選びと良く聞きますが、距離的にも人間的にも、ふらっと立ち寄り易いショップで購入するのが一番ですね。そうでないと私のようになってしまう・・・。ハハハ。

そう考えると秀岳荘のAさんとの出会いは良かったなぁ・・・。Aさんに親しくしてもらい、いろんな情報をいただき、何よりもショップとの付き合い方を教わったように思います。お蔭でサイクルショップおかべさんやホワイトラインバイシクルさんにもとても良くしていただいているんですねぇ・・・。

上の写真、余市で、「えっ?53Tなのっ?これじゃあ、坂キツイでしょ・・・。」って事に、早速帰りにWLBに立ち寄り相談。

この後、セイコーマートでエネルギー補給。カロリーメイト2本とレッドブルでギンギンだぜ・・・と思いきや、足りずに再度入店しヨーグルト飲料とおにぎり1個。食べすぎか・・・?

更に春香でお蕎麦を食す。しかし、ここまで行くのが、また苦行で何度もDNFの文字が頭を過ぎる。久々にお尻が痛い。

余市からはR5~蘭島~フルーツ街道~塩谷~R5で小樽~銭函。本日ここまで、およそ90km。

Bromptonでは、下りの貴公子なんて名乗っていた私が、単なるヘタレクライマーなのです・・・。

このビアンキだと、下りが怖いと感じるのです。ブラケット握りではブレーキかけにくいし下ハンではレバーが遠いし・・・と林さんに言うと、ちょちょいと調整してくれて、まったく別の乗物になりました。林さん手品ですか・・・?

やまめポジションに会うように、先ずは、ハンドルとサドルのポジション調整していただき、様子見ることになった。

突然、お邪魔したのに。林さんありがとうございます。様子見た後、チェーンリングを50Tに、ハンドルをワイドにするかも。他にも、林さんに教わった秘策がいっぱい・・・。ヘヘヘ。ヒ・ミ・ツ。笑

今まで、ロードは一人でプラプラ走ってましたので、ブロンプトンなんかに比べ坂も楽で、早く走れる夢の乗り物のように思ってましたが、今日は初めてローディさんと走って分かりました。これがまた大変で、緩い坂でもドンドン置いて行かれる。しかも、下りでも置いて行かれる。これがロード基準かぁ・・・、結構な苦行でした。

しつこいようですが私、苦行大好きの不思議村サイクリング苦LOVEの助役してます。・・・何たる矛盾・・・笑

すっかり、走りにブレーキをかけてしまった私を優しく待っていて下さったパウさんとタクランケさん、しかもこれに懲りず、また走ろうと言ってくださるお二人に感謝して、今日のブログを終わる。(ごしさん風)

では、また。 マハロ~!!

ジャンル:
自転車
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかず親子と行くおたる激坂... | トップ | おかず親子と行くおたる激坂... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まずい! (CLUBJAZZY)
2012-05-01 01:04:56
PPSさんが日々その身を苦行でGGSの権化に化すべく精進されているみたいですね。
GGSさんに置いて行かれないように自分も鍛錬………は置いといて車輌を鍛えなきゃ。
あまり速くなりませんように
Unknown (おかず汁粉)
2012-05-01 02:49:39
海がきれいすぐる!
パウさんツアーお疲れ様です。
ついでにおかずだんごのネタバラシも最終章までOKですよ~

私も本日WLBに行きまして
いよいよMykaの700さんとはオサラバなので
はよ細タイヤのアレを手元に寄せる日が近いようです(てか、はよ引き取れって話ですね)
アレを手に入れましたら、ぜひロングライドツアーにー
Unknown (パウ)
2012-05-01 06:48:36
昨日はお疲れ様でした。
フルーツ街道のアップダウンは結構効きましたね。
これに懲りずにまた一緒に走って下さい。

下調べが足りず、昼食がラーメンから前日と同じ蕎麦に変わってしまいすみませんでした。
お疲れ様でした (タクランケ)
2012-05-01 07:02:58
昨日はご一緒して頂きまして、ありがとうございました。
また、シーズン初っ端から激坂の連続に連れ出して申し訳ありません。

それにしてもPPSさんのBianchiがフロント53T×39Tの漢仕様だったとは・・・
そりゃあ坂も辛かったでしょう。
それでも弱音ひとつ吐かず、よく走りきりましたね!
立派でした^^

次回は楽なコースでいきましょう。
またご一緒してくださいね^^
CLUBJAZZYさん (pps)
2012-05-01 09:25:51
本文も再編集し、書きましたが、GGSの看板は、暫く使用停止なくらいヘタレローディでした。笑
私も車両の鍛錬に励みます。
53×39でしたか、、、 (店員A)
2012-05-01 09:30:28
さすがにGGSを名乗る方はすごいなぁ。折角ですからギアはこのままにして「ヤマメポジション」を極め、グイングインと登れる為の、「GGS養成ギブス」にしましょう!

と言ってる私のフロントは50×36です(笑)。

しかし、、頑張ってらっしゃいますねぇ。感心しつつ応援致しておりますぞ。
おかず汁粉さん (pps)
2012-05-01 09:31:16
海、本当に綺麗でした。
林さんの所でMykaちん見ましたよ。
「ロードの秘策をおかずさんには、あまり授けないで下さい。ついて行けなくなりますから。」と奥さんには言ったのですが、林さんに言いわすれた。
パウさん (pps)
2012-05-01 10:25:13
昨日は大変お世話になりました。
そして、初コメントありがとうございます。
思いっきり、ブレーキかけてしまい申し訳ありませんでした。
次は、もう少し頑張ります。まずは、車体に慣れないと駄目かも・・・と思っています。
今更ですが・・・。
タクランケさん (pps)
2012-05-01 10:37:27
あの後、やまめに合わせてポジション取ってもらいました。
もう少し車体に慣れるまで、様子見します。
パワーアップ?した私とBianchi。次に間に合うかな・・・?
店員Aさん (pps)
2012-05-01 10:42:13
内心53-39でホッとしました。
てっきり、私の貧脚が原因かと思い、どんより落ち込んでましたから。笑
Unknown (siro_pug)
2012-05-01 23:12:50
余市、いいですね~
晴れていると海岸線がきれいですよね!
海の幸(柿崎商店など)は行かれなかったんですね~
siro_pugさん (pps)
2012-05-02 00:42:10
ロードは一人で小径折畳ペースで走るだけだったので、楽な乗り物だと思ってましたが、
ロード乗りさんと初めて走ってみて、ロードペースを体験。
もうヘロヘロでついて行くのがやっとで、というか、ついて行けてなかったのですが・・・。
そういうこと考える余裕はまったく有りませんでした。トホホ。
自分ではなくマシンを鍛え上げなければなりません。
モノホンとは (easy)
2012-05-03 14:30:30
どうしましょう走行会は、本当にローペースですよ(笑)。坂道なら、アタシがいるので4km/hが確定します。
また、単独走は禁止されており、置いていかれることはありません。
私の経験からして、ローディーの「ゆっくり」は、結局は全然ゆっくりなんかじゃないですねぇ(^^;)。
そこに納得がいかなくて、アタシは自分で企画を立ち上げているわけでして。
うちの場合は参加メンバーによって、様々に仕様を変えますので、まったり走行のときも多々あります。
おかずさんもデビューされたことですし、ppsさんも、どうしましょう走行会に参加されてみてはいかがでしょうか?
炎の手信号、鉄板の安全運転、モノホンのローペースに涙すると思います(笑)。
easyさん (pps)
2012-05-04 01:50:26
お誘いありがとうございます。
今度、合流させていただければいいですね。
その時は、よろしくお願いしますね。
でもその時は、貧脚班の皆さんは決して貧脚ではないので、お手柔らかにお願いしますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。