日蓮聖人のご霊跡めぐり

日蓮聖人が生涯をかけて歩まれたご霊跡を、自分の足で少しずつ辿ってゆこうと思います。

立川家(東村山市久米川)

2017-03-20 17:13:16 | 旅行
東京都下唯一の、日蓮聖人のご霊跡は今・・・



桜の開花も秒読みの、快晴の春分の日

西武新宿線の東村山にやってきました!



駅前に府中街道が走っています。


そこから一本脇道に入ると・・・

歴史の香り♬



この細道が「鎌倉古道」です。

鎌倉古道は鎌倉を起点として

群馬方面に向かう「上ツ道」
栃木方面に向かう「中ツ道」
千葉方面に向かう「下ツ道」

の3本があるようで、ここ東村山には上ツ道が走っています。



道沿いに説明がありました。

この古道は上野国(今の群馬)を経て信濃国(今の新潟)に至るそうです。



龍ノ口の法難後、日蓮聖人は厚木・依知の本間重連邸に28日間勾留されたあと、配流予定の佐渡に向けて歩き出しました。

たった一日で厚木から久米川まで踏破し、この先のお宅にお泊りになったそうです。

歩く歩く!!


鎌倉古道沿いには昔からの遺跡、神社仏閣などが点在しています。


白山神社



当間稲荷



熊野神社

など・・・

江戸時代頃まで人々の往来が盛んだったんでしょうね!



日蓮聖人はこの鎌倉古道沿いにある「立川家」という民家に御一泊された記録があるようです。

行ってみましょう!!


僕、不慣れな土地を巡る時は、事前にグーグルストリートビューで現地を確認しておくんです。


そろそろ↑の立川家の立派な門が見えてくるはず


・・・あれ・・・あれ?


この場所のはずなんだけど・・・


・・・ない(悲)なくなってる(泣)・・・


念のためお向かいの畑で作業されているおじさんに聞いてみると・・・
昨年、跡形もなく全て壊されてしまったそうです。


現在は真新しい建て売り住宅がたくさん建っていました。

・・・既に40か所以上、日蓮聖人のご霊跡を巡ってきましたが、ここまでの様変わりは初めてです。

グーグルストリートビューの画像は2015年4月、たった2年前のものでした。




本当に胸が痛くなりました。
しかし、ご霊跡となるこの古い民家を700年以上にわたって維持し続けてこられた立川家の方々にとって、その取り壊しはもっともっと辛かったはずです。
一般のお宅でありながら毎年10月10日にはお会式を営んでおられたという事も聞きました。

大変な業績です。ご苦労様でしたと言いたいです。


現在は有名なお寺でさえ、存続が難しいところも多いと聞きます。

一銭の利益にもならないご霊跡の維持

時代の流れとはいえ・・・

我々の子や孫の時代に、残してゆけるのでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 辻説法跡(鎌倉市小町) | トップ | 長興山妙本寺(鎌倉市大町) »
最近の画像もっと見る