日蓮聖人のご霊跡めぐり

日蓮聖人が生涯をかけて歩まれたご霊跡を、自分の足で少しずつ辿ってゆこうと思います。

名越の切り通し(逗子市久木~鎌倉市大町)

2017-03-08 08:05:45 | 旅行
横須賀・米が浜から辿ってきた日蓮聖人の鎌倉への道、ゴールは目前です!




日蓮聖人は法性寺のお山にある岩窟で猿たちの供養を受け、体調を整えて鎌倉へ向かいました。



法性寺の裏山は岩山です。昔の知恵で歩きやすいように「切り通し」になっています。




小刻みなアップダウンが続きます。




帝釈様が行者を守ってくれています。




鎌倉時代の山中は、今よりず~~~~っと寂し気だったんだろうな・・・




広い草原に出た!! 
向こうに見えるのは鎌倉市のクリーンセンターの煙突です。



布教のために初めて鎌倉に乗り込んだのも、この道でしたし、松葉ケ谷の草庵の焼き討ちに遭ったときに避難したのも、この道だったのです。

まさに、道自体が「ご霊跡」です。




見事なくらいの自然美!
巨大なシダが道の両側を覆います。




この切り通しは、国指定の史跡なんですね。




昔、この一帯は交通の難所だったようです。
明治時代まで、ずっと生活のために使われてきた道だったんですね。



・・・そして・・・



下に横須賀線が見えてきました。

もう鎌倉の松葉ケ谷です。


日蓮聖人にとって、長い長い闘いがここから始まったのです!



横須賀・米が浜から辿ってきた日蓮聖人の道ですが、そのご苦労の一端に触れることができたような気がします。

また、その道の途中途中で信仰の拠点を作られ、庶民に心の拠り所を設けてこられた事は、大変な業績であったのだな、と感じました。

同時に、それらご霊跡が観光や交通の要衝に変化しながら、現在もなお我々に恩恵を下さっていることに感謝し、名越の切り通しをあとにしました。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 猿畠山法性寺(逗子市久木) | トップ | 関本山弘行寺(南足柄市関本) »
最近の画像もっと見る