日蓮聖人のご霊跡めぐり

日蓮聖人が生涯をかけて歩まれたご霊跡を、自分の足で少しずつ辿ってゆこうと思います。

不動滝・不動堂(葉山町木古庭)

2017-03-05 16:20:23 | 旅行
日蓮聖人は高祖坂を過ぎて「不動滝」に立ち寄ったという噂を耳にしましたが・・・

本当に三浦半島に滝なんてあるんでしょうか?

神奈川県に50年近く住んでいますが、聞いたことがないぞ!!

まあ、ダメもとで行ってみましょうか!


本圓寺をあとにして20分くらいでしょうか、今の県道27号線をはさんだ反対側の山の中腹まで歩いてきました。


古道には庚申塔とか石仏がところどころにあります。

昔はこれらが道しるべの役割をしていたんでしょうね。


大沢の庚申塔です。


その対面には

観音様なのかな?石仏がありました。
香の花が供され、小さい卒塔婆もありましたよ。



あれ?のぼり・・・

・・・箱根駅伝?

・・・なわけないか



「不動尊 不動滝 並 不動堂」の看板・・・!

そういえば水が落ちる音が!



これか~~!



「木古庭の不動滝」です。



脇に「不動明王」の石像があります。

滝の高さは5mくらいかな~?

だけど立派な滝、滝壺に勢いよく水が落ちています。



よく見ると石が滝に続いている・・・

滝行!!やる方がいるんだろうな~



この滝の由緒が刻まれている石があったのですが、ほとんど読めませんでした。



なになに?

「畠山重忠が三浦一族を攻める時に、不動明王を勧請したら湧いた滝で、


一時水が枯れそうになったが不動明王に祈ると、水量が復活した」的なことが刻まれていました。

「この不動尊は本圓寺の寺域」ともありました。



この近所に不動堂があるそうです。行ってみましょう。


おおっっ!!

キジが出た~!

山に逃げて行きました。



「ガサガサッ!!」


あわわ!タイワンリス!


野生動物の歓迎を受けて到着~


人の気配の少ない山の中にしては立派なお堂です。


「不動堂」



ここにも不動明王の石仏が



本圓寺さんの所有、ってことは管理も大変なんでしょうね。

頭が下がります。



不動明王を勧請した畠山公一族の顕彰慰霊碑です。



いやはや、本圓寺さんとそのお檀家さん、さらにはご近所さんのご苦労があって、21世紀の今でも僕らは往時を偲べるわけです。
日蓮聖人が歩かれた道は、いろんな意味で感謝の道ですね。



もう少しで相模湾沿いに出ます。

鎌倉も近くなってきた!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 大明山本圓寺(葉山町木古庭) | トップ | 腰懸山實教寺(葉山町一色) »
最近の画像もっと見る