日蓮聖人のご霊跡めぐり

日蓮聖人が生涯をかけて歩まれたご霊跡を、自分の足で少しずつ辿ってゆこうと思います。

吉祥山上行寺(富士吉田市上吉田)

2017-09-17 12:26:00 | 旅行
日蓮聖人が国家安泰を祈念して行った富士登山

五合五勺の経ケ嶽に百日間籠って法華経を読誦し、写経した法華経を埋経したといわれています。


この登山において日蓮聖人の案内役を務めた塩谷平内左衛門のお寺が富士吉田にあるというので、訪問してきました!



富士山の北口の起点、浅間神社からほど近くにある日蓮宗のお寺



身延山別院・上行寺です。

別院ってときどき目にしますが、何なんだろう?



大きな題目碑

側面には「柴庵霊地」と刻んであります。

調べると「柴の庵」とは、良く言えば質素な家、悪く言えば粗末な家、のことのようです。
日蓮聖人よりもはるか昔、奈良時代に、奈良の大仏の造営にも携わったお坊さん・行基が富士山を登った際にこの地に作った「柴の庵」がルーツのようです。
大昔から富士の信仰登山はされていたようですね!



車がバンバン走る国道から、一本入っただけとは思えない、落ち着きのある境内です。



本堂です。

一面の格子窓がキレイですね!



日蓮聖人のご尊像に合掌。



日蓮聖人が富士山に籠られたのが1269年、というと日蓮聖人47才の時ですね。

その頃のお姿なのでしょうか。



このお寺には銅でできた如来形立像が安置されているそうです。

奈良時代のもののようで、京都を転々としたのち、江戸時代に富士山にもたらされ、上行寺に落ち着いたようです。



境内をゆっくり散策していると、塀のすぐそばにお社が。
昔は塀もなく、境内にお社が続いていたんでしょうね!

富士山周辺はホントにお寺と神社の敷居が低く、互いに自然な存在になっています。



富士の信仰登山のお手伝いをした「御師」は、ここ富士吉田にも沢山いました。

御師は、信仰登山をする方に宿や食事の提供をするだけでなく、祈祷も行う神職の面もありました。



富士吉田の御師町の地図に、「塩谷平内左衛門」の名前がみられます。
(画像は、世界遺産の構成資産のひとつ、御師・外川家住宅内の掲示物より)



塩谷平内左衛門は、日蓮聖人の富士登山のお世話をする際に法華経に帰依したと思われます。
(またはそれ以前に教化されていて、その縁で富士登山のお世話をしたのかもしれません)



「高祖日蓮大菩薩御涅槃拝図」(大坊・本行寺で購入)にも「富士社主」の肩書きでいらっしゃいます。

※ちょっと名前の文字が違うようですが、塩谷平内左衛門その人だと思います。



神職の方が法華経に帰依・・・というと一般的には違和感があるのかもしれません。

しかし富士山周辺のご霊跡や神社を巡っていると、あんまり違和感・・・感じないんだな、これが。



思えば以前に訪れた河口湖の御師宿のひとつ、梅谷の主人である采女も、神職でありながら日蓮聖人の教えに影響され、教化されたと聞きました。



そうそう、北口本宮冨士浅間神社の境内には、いたる所に「卍」が刻まれていました。

神社にも仏教の影響が、お寺にも神道の影響が色濃く入り込み、独特の雰囲気を作り出しているのがここ、富士山なのです。



日蓮聖人は富士登山前に塩谷平内左衛門邸で法華経全巻を書経したそうです。これを富士山経ケ嶽に埋経したといわれています。


ちょっと話は反れますが、先日熱海の伊豆山神社に参拝に行った際、境内の郷土資料館にこんな展示物がありました。

神社の裏山に平安時代の大規模な経塚が発見され、埋経のあとがあったそうです。
お経は↑のような銅製の「経筒」に入れて埋められていたそうです。

僕はてっきり埋経って紙のお経をそのまま土に埋めると思っていたのですが、ちゃんとケースに入れてたんですね!
恐らく日蓮聖人もそうされていたのでしょう。


話を元に戻します。

塩谷平内左衛門はのちに自分の屋敷を法華経の布教道場とし、これが上行寺の基礎となりました。



開山は日蓮聖人、塩谷平内左衛門は出家し、二祖日仙となったそうです。


吉祥山上行寺。

仏教と神道が自然に融合していた富士山の麓の、象徴的なお寺でした!



今週の寺犬~!!!

もこもこの毛布が置いてあると思ったら、ぐーぐーといびきが聞こえ、ようやくわんちゃんが寝そべっていることに気づきました。

呼んでも近づいても微動だにせず・・・ぐーぐー

モップのような前髪。見えてるのかな?(笑)



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 端場坊(身延町身延) | トップ | 桑ケ谷療養所跡(鎌倉市長谷) »
最近の画像もっと見る