ドルフィンベルベット

マイペース人馬の自由な日記

ワン&ニャン

2012年04月30日 21時08分51秒 | 癒される

クラブに向うバスの中から撮りました

相模大野の美容室の看板犬ラッキー(とお家に書いてありました)


今度はクラブのミケちゃん

この無防備な格好がなんともいえません 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日も鐙上げ

2012年04月30日 21時05分55秒 | お馬とデート

今日も鐙上げで特訓です
もちろん、志願です。

初め、クー太郎が前に出ず、輪乗りを諦めて蹄跡上で運動することになりました。
踵、拳、肘、腰を張る、に神経を集中
暫く速歩で運動し、そして、速歩、駆歩の移行を繰り返しました
運動中、隣の資材置き場から大騒音(それも金属音)が何回もしましたが、クー太郎は運動に集中
T君にも「クールは偉いなぁ」と褒められました
私もちょっと影響するかな?という音でしたが、クー太郎は無反応でした
本当に安心できるパートナーです 

さて、連日頑張っている成果があり、だいぶきれいに乗れるようになってきたとのことです
明日、明後日はお休みですが、3日はまた頑張ります

今日は長めのお散歩でした 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

特訓2日目

2012年04月29日 19時16分06秒 | お馬とデート

今日は長島先生のレッスンです
昨日の今日ですから、レッスン前の準備運動では脚位置と拳に神経を集中し、そのお陰でクー太郎もどんどん前に出る感じでした

そしてレッスン開始

先ずは膝から上で騎乗することを指導され、膝に力を入れて膝を曲げ、その状態で速歩に入りました。
ということは・・・

そうです、鐙上げです

最初は両足とも膝をいっぱいに曲げて速歩です。でも、踵は下げる
それから両足を下ろし、巻き乗りなど内方姿勢を取る時だけ、内方脚の膝を曲げるように言われました。
膝を曲げると膝に力が入ります。
つまり、「内方の膝で曲がれ」ということです。

右手前から始まったのですが、いつものように肩から逃げられて巻き乗りができません
「なーにやってんだ」と何度言われたことでしょう
原因はわかっています。
外方の壁ができないからです。

それは駆歩でも同じでした。
もちろん、駆歩も鐙上げでしたが、いつものように外方の壁ができずに逃げられました

外方の手綱を短く、そして肩を前に出すのだそうです。
そして、内方の拳は、馬の内方前肢が前に出る時に必ず譲ること

どうしても巻き乗りができないクー太郎に長島先生が乗り代わってくださいました。

終わって一言。「馬がわがまましている」と
予想通りのお言葉でした
先生「馬はできてる
私「私がいけないんですよね
先生「そう

乗り代わってからは鐙を履かせてもらい、何とか巻き乗りをこなしたところで終了しました




帰りに挨拶した時に言われたことが「楽して馬に乗らない」
あれ?それって確か昨日も言われたような・・・
脚もぜんぜん使ってないのだそうです
「ダブル凶おんな」ならぬ、「ダブル楽して馬に乗っている女」になってしまいました
今日は暖かかったので丸洗いして、午後からちょこっと散歩して、心地よい風に吹かれながらお昼寝しました



クー太郎はよく頑張りました
私は正味20分ほどの鐙上げでとっても疲れましたが、明日も頑張ります

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

東京ゲートブリッジ

2012年04月29日 07時33分08秒 | つれづれ日記

成田からの帰り道、葛西で下りて東京ゲートブリッジを通ってみました
我が家のカーナビにはまだない道路なので、車は海の上をスイスイ走っていました

ゴルフ場脇の屋根が見えます
ボール避けなんだそうです

原付・自転車は通行禁止なんですね

円筒形の建物から人が歩行者が出入りしています



海側の景色はすっごくきれいです

横浜ベイブリッジができたときも同じように思いましたが、橋は外から見ている方がその美しさがわかります。
でも、車窓からの景色はやっぱり走らないとわかりません

道路は空いていましたが、環七に入る前から大渋滞
遅々として進みません。
事故かと思っていたら、なんと、環七に入って暫くいくと1車線つぶして沿道の木を切っていました
わざわざGWにこんなことをするなんて、何を考えているのかわかりません。
腹が立つのを通り越して、大田区の土木課?にあきれてしまいました

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

成田山新勝寺

2012年04月28日 18時28分22秒 | 

富里の乗馬クラブからそのまま成田山新勝寺に行きました
カップルが「一緒にくぐると別れるんだよ」と言いながら、「じゃ、一緒に行こうか」というのでそうしました



スゴイ数の亀がいます



三重塔

本殿へ

15年ぶりくらいでしょうか
結婚前に旦那に連れて来て貰ったのですが、その時は、「よく当たる」と噂の占い師さんに2人で見てもらったのでした
旦那はチョット気の毒な感じでしたが、私は殆どの占い師さんに「仏様が付いている」とか「人もお金もやってくる」と言われるのです
金持ちかといえばそうではありませんし、人付き合いも普通です。
でも、良い事だけを考えて生きていけるので嬉しかったです

で、久々に「開運おみくじ」を引いてみたのですが・・・
開いてみると、なんと「
今まで凶なんて引いたことないし 

で、そそくさと結んでしまい・・・

このまま帰れるわけもなく、別のところでもう一度「おみくじ」を引きました
さて、今度は何かな
棒くじだったので、その「98番」の引き出しを恐る恐る開けてみると・・・
なんとまたもや「

2回も凶を引くなんて、最悪すぎます
旦那は「ダブル凶おんな」とかいって笑っていました 
もう1回引こうかな?と思いましたが、やめておきました
これでまた凶だったら立ち直れそうもありませんから

この後、参道をお散歩して、食べ歩きをして、旦那は特上うな重、私はとろろ蕎麦を食べて帰ってきました
帰りの運転は私でしたが、「凶」を引いた直後は「やっぱりオレが運転する」と言っていたのにうなぎ屋さんが近づくと、「ダブル凶おんなに命をかける。ギャンブル好きの人生だからな」とかいい、美味しそうにビールを飲んでいました

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

正しく乗る

2012年04月28日 16時40分53秒 | お馬とデート
今日は富里にあるレアルネップという乗馬クラブで中村公子先生のレッスンを受けに行ってきました。
渡部先生のレッスンでお世話になっていたクラブです。

馬はマーク(サラ)。初めて乗る馬です。
上長の松下さんから「とっても大人しい馬ですから」と言われて安心したのと同時に、右側に拍車ハゲがあったので、重いんだな、ということがわかりました。
乗り終わってから、「重くてすみません」と謝られたのですが、それで良かったのです。
私は重い馬が動かせないので、それを克服したいことを伝えました。

さて、馬場に入ってすぐに、中村先生から言われたことは、「内方脚は前」、そして「踵を下げる」。
伏せ拳のクセもすぐに見抜かれ、特に左が寝やすいことも指摘されました。
脚を後ろに使ってしまうと、馬にとっては推進ではなく、後退の指示になってしまいます。
それは頭では理解していましたが、私の脚は自分が思っていたよりかなり酷かったようです。

それから、最初に手綱の握り方を教えて貰いましたが、レッスン途中、私は握りが甘く、小指が開いてしまうようで、これには「信じられない。それでよく馬を動かしている」と言われました。
初めての馬はどう持って良いかわからないのですが、先生曰く、「手綱を持って馬が止まってもいいです」とのこと。
持たなければ自分の思い通りに動かせる筈がないのだそうです。

「初めての馬に上手に乗るなんて無理なんです。
でも、初めての馬でも正しく乗ることはできる。
だから、正しく乗る練習をしてください。」と言われました。

45分間、殆ど速歩をしていました。それもずーっと広い馬場の蹄跡上です。
その間、ずーっと「踵下げる」「もっと下げる」「もっと下げる」「もっと」「もっとぉ~」と言われ続けました。
最初の方でこれ以上は無理だと思い、「鐙長いですかね?」と言ったら、「長くない。それ以上つめたら膝が上がる」と言われました。

それから、「拳」。
ただ、後半に長鞭を持たされ、さらに正しく持つ(使わないときは股関節の所においておく)ことを教えてもらうと、あら不思議、拳の向きが矯正されたのです。
鞭を正しい位置で持っていると、伏せ拳ができないのです。
それで拳はだいぶ楽になりました。

こんなに真面目にレッスンをしたのは久しぶりです。

よく私の脚でクー太郎は動いてくれるなぁ…と時々思うくらいの余裕はありましたが、乗ってしまったら緊張する余裕もなく、先生の指摘で直すのに必死でした。
頑張ればできるけれど、長続きしない。

「馬に楽に乗りすぎている」と言われました。
これからは踵、拳で楽をしないで頑張ります。
踵を下げ、拳がキチンとしていたら綺麗に見えるんだそうです。

ちなみに、時々気になって自分の脚位置を覗いてしまうことがありましたが、それは絶対にNG。
クセになるのだそうです。
自分の脚は感覚で覚えるしかないのです。

あとは、内方姿勢の際に、内方の肩を出さないように言われました。
肩を出すから脚がさらに引けてしまうのだそうです。
すると、馬の姿勢と騎手の姿勢が逆になり、馬には苦痛。
それから、必ず自分が行きたい方向を見ること。

馬は楽しく動きたい。
だから人は馬が楽しく動けるように乗らなければならない。
それには「正しく乗る」こと。
最後に、座りは良いので踵、脚位置、拳をとにかく直して頑張るように言われました。

今回は松下さん(奥様)がずっーとレッスンをビデオ撮影してくださり、送ってくださるそうです。
それを見てから、また研究し、これからは定期的にビデオ撮影をオプションでお願いしようと思いました。

ということで非常に充実したレッスンでしたが、そうこうしていたら、明日は長島先生に特別レッスンをして頂くことになり、2日続けて大先生のレッスンを受けられることになりました。
今日の指摘を生かして、明日はもっと前に進めるように頑張ります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明日からGW

2012年04月27日 18時45分31秒 | つれづれ日記
待ちに待ったゴールデンウィークです 

フレックスじゃない時は、連休はずーっとクー太郎の所だったけれど、以前よりも会いに行く日数が多くなったので、GW中2日間は別の予定を入れました
明日は富里で中村さんのレッスンです
中村さんの意向でレッスン時間が長くなりました
初めての指導なので、時間をとって騎乗者を見極めたいということでした
とってもありがたいことです
予め習いたいこと(常歩ピルエットと横運動)を伝えましたが、それ以前に乗馬姿勢を直して貰おうと思います 

レッスンの後はそのまま旦那と成田山に行って、ウナギを食べるのだそうです
私はウナギが苦手 ですが、私の道楽に付き合って貰うので孝行してきます 

そしてこどもの日は福島へボランティアに行きます 
自宅からでは朝の集合時間に間に合わないので、前日にダミ子の家に泊めてもらいます
そのダミ子ですが、なんと申し込みをし忘れてキャンセル待ち状態 

私だけでも「早朝一人で出て行くから気にしないでね」で合意。
お天気が心配ですが、頑張ってきます 
でも、メインイベントはクー太郎とのデート 
馬場が回復しているといいなぁ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

蹄鉄型の・・・

2012年04月26日 18時01分29秒 | つれづれ日記

膝の上の青たんです

見苦しくてスミマセン

先週、デリケートゾーンのお手入れ中に後肢が落ちてきました
お手入れ中、危ないのですが、後肢の前に膝がきてしまいます。

時々、奥の方の垢を取る時に、後肢をあげますが、動きがゆっくりなので、手で持って静かに下ろすように促します。
が、このときは少し速かった、というか、忙しくて反応できなかったのです

時間が経ったら蹄鉄型になったので、記念に写真を撮りました 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お散歩2回

2012年04月25日 22時11分04秒 | お馬とデート

朝、顔を見せなかったので、スタッフIさんと話をしていると、絶叫しました
今日は馬休日です
装蹄師さんがきていましたが、馬場には誰も出ていなかったので、朝一でお散歩をしました
イタリアンも伸びてきました

バラの下に頭を突っ込んで、痛くないのかな?

目が合った

何見てんだよ
さて、今日はシャルママさんの真似をしてサークル馬場でグランドワークを試そうと意気込んでいました
が、クー太郎は馬場に入るとクンクン、砂浴びをしようとしたり、草を食べようとしたり
それを寝ないように舌鼓とかしていたら、怒って尻っぱねして走る走る
ホーホー言ったって馬の耳に念仏状態
幸い、周りで騎乗していた馬達は落ち着いていましたが、ハラハラどきどきでした
で、暫く動き回って疲れたのか、「ウォーク、歩く」と言い続けながら一緒に歩き、「止ま~れ」で無口を押さえて止まることを繰り返しました
何がなんだかクー太郎もわからなかったのでしょう
それでも何とか「ウォーク」で草を食べずに歩くようになりましたが・・・。
長続きせず、向きを変えようとしたり、挙句は出口に向って歩き出す・・・
やっぱり自己流じゃ難しいですね

そしてお昼は2回目のお散歩
このあと30分ほど背中をかして帰ってきました
暖かくて気持ちのよい日でした 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

乗馬姿勢

2012年04月24日 20時10分11秒 | つれづれ日記
乗馬姿勢を直すにあたり、ビデオで研究しています

何度見ても思うこと。
「なんて格好悪いんだろう…

今回4課目を踏んだスタッフIさんの美しい騎乗姿勢と見比べて、自分は何が違うのかを考えました
一ついえることは、肘をもっと引くことです。

でも、私、手も足も短いのです 
だから、手綱を短く持とうとすると肘が伸びてしまうのです。
肘が伸びていると腰も張りづらいです。

きっと、そんなに手綱を短く持つ必要はないのかもしれません。

どうしたらきれいに乗れるようになるのでしょうねぇ 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加