日々の戯れ言、それからシネマ

およそ3年ぶりにブログを再開

子どものことと鬱の関係

2017-07-23 21:04:08 | 鬱のこと
たらればはないので、もしも、の事は考えても仕方ないけれど、
もしも子どもを産まなければ、私は鬱にはならなかったかもしれない。
今も脳天気にへらへらと暮らしていたかもしれない。憧れるなーあ(笑)毎日へらへらしている素敵な生活。

21日に学校が終わり、中2日で子どもがかえってきた。
しかしさっそくかみ合わない。今日は原稿もないし、あそぼっかなと内心で思っていても、それを口にできない私。
そうこうするうちお友達から電話があり、とっとと出かけてしまった。
やっぱりさみしいけどほっともするのだ。

もう、これまでより完璧に距離が遠のいている。
でも、もうこういう星の下に産れてしまったのかもしれないとあきらめようかと思っている。
母についてはまだうらみつらみもあるが、だいぶあきらめきれてきた。ほとんど、というか死んだと思うことにしている。
向こうから一切連絡もない。
母と娘なんて、そういうのきっといっぱいあるんだろう。


今日は精神科医のお話を少し。
子どもが1歳のときに不眠からはじまって、イライラだのやる気が出ないだの布団から出れないだの
いろいろあって、最終的に死にたくなったわけで、それは今も常にあるから、
やっぱり精神的に健康とは言えない。

最初に世話になった先生は見るからに精神科医です。という感じの優しげな人だったが
初診なのに話はたったの5分か10分。30分以上も待たされたのに~?
何度いっても話を聞いてくれる時間は短く薬だけがどんどん増えるので半年でやめた。

次の先生は精神科医ではなく中医学の先生で友人の紹介だった。
この人にはとにもかくにもいろいろお世話になった。感謝しているけど、それをいったら怒られたので言わない。
先生の言葉にはいつも救われていたし、先生の言葉は今も「たけし語録」として ひそかに保存している。
それを言ってほしかった!ということをずばっと言ってくるけど、言葉もときどき厳しくて
それでも心底便りにして信用していた。

ちょっとした気持ちの行き違いで最後はとても残念な結果になり、それ以来行っていない。
精神的にかなりやばいときで、パキシルを減らそうかどうしようかという非常に難しい時期で、しかも年末だったので、
私は病院を出て、途方に暮れて駅のホームでこっそり泣いたものだった。

信頼していた人に裏切られたというか。 私の言った言葉か何かが先生をいらつかせたのだろうけど、
それにしてもすごいキレ方でして、この話はいずれまた、、、。

こっぴどい目にあったけど、先生の事は今もときどき懐かしく思い出すし、今の私を見たら
あの先生ならなんていうかなーと 考えることも多い。 最後は残念だったけど、でも大好きで信頼していた先生。
途中2年ぐらい行っていない時期もあったけど、たぶん6-7年はお世話になったはず。


それ以外にも
やる気があるのかないのかさっぱりわからない先生もいたし、診察時間3分とかね。
でも悪い人ではなく、ほしいと言った薬は全部くれるので(それもどうなのかなー)、
半年ぐらいはお世話になったのかもしれない。

あと、私はデパスがないととにかく不安になって仕方ないのに絶対にださない人とか。
その人はかわりの睡眠薬もくれなくて、とにかくひたすら眠れなくてよけいひどくなった。
でも、ネットなどで見ると評判は悪くないようだったので、人によってはいいのかも
ただ、私には合わなかった。
人の話聞いているより、パソコン打つのに一生懸命で
また、そのパソコン打つのの遅いことといったら、あなた。
かわりに打ってあげましょうか? と言いたくなるぐらいだった。

そこには結局2回しか行かなかった。


そしてようやくたどりついたのが今の先生。
そーかー。
こういう先生が精神科の先生なんだなーぁと心から思った。
もう会った瞬間に、そのすべてを包み込むような穏やかさ。
人の話を絶対に遮らない。最後まできちんと聞いて、思うところを言ってくれる。
薬についても表をみせながら一つ一つ説明してくれる。
何がつらくてどうすべきなのかを言ってくれる。
そして絶対に否定をしない。これがすごいと思う。

おまけに誰も気づかなかった、私の首の微妙なふくらみに気付き、大きな病院で検査したら
副甲状腺機能亢進症だとのこと。おまけに胆嚢やら卵巣やら、腎臓やらあちこちに問題になるかならないか程度のよくないものがあるらしく、極度の貧血も判明。

先生が首の腫れに気付いていなかったら、ある日貧血でぶっ倒れてホームから転げおちて中央線を送らせていたかもしれない。
それも悪くなかったかもねー。

うつ病とか、うつ病かもしれないなーって悩んでいるみなさん、
精神科の先生には本当にいろんな人がいるので、自分に合う先生を見つけるまでが大変です。
あと、もちろん自分に合った薬。


でもねー
一番大事なのは愛じゃないかな。
ご両親でも旦那さんでも奥さんでも、
恋人でも、誰かあなたを本当に理解しようとしてくれる人、
もちろん本当の大変さは理解できなくても、理解してくれようと努力してくれる人
そういう人がいるかいないか、それが大きいと思う。

それが子どもだと負担かけちゃうし。

でも一人だと大変です。
逆に子どもに迷惑かけて、いろいろ長引いちゃったりするし。


朝、カーテンを開けたら、今日もいい日だと言ってみよう!とか
一日の終わりに感謝することを思い出してみよう、とかいろいろあるけどさ。

そんなことやってらんないよ、っていうときだっていっぱいあると思う。
私だって、そんなんでよくなるかーって悪態ついたりしてるけど、ときどきはやってみてます。


精神の問題って、
原因一つではないし、たとえば悪いけれど統合失調症とか双極性障害とか、わかりやすい名前がついていれば世間にも説明がしやすい。
でも、なんとなく鬱っていうのが逆に一番タチが悪い。ただのわがままさぼりとか思われがちだし。

経験しないとわからないものだと思うわ。
経験したってわからないもの。


まとまりないけど、今日はこのへんで


子どもがいなかったら、鬱になんなかったかもね、っていうのが今日のお題のはずでした。すんません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもを産んで後悔している... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。