ブラックフェイス手帳

中央線201系 最後の軌跡

H23.5.6(金) 釜石線

2011-05-08 | 東北
 この日は釜石線に乗ることにした。


 盛岡から「はまゆり1号」に乗車。


 新花巻を出るとのどかな景色が広がる。
 土沢駅の上りホームでは満開のさくらが乗客を出迎えていた。


 並行する国道には自衛隊のトラックが何台も連なって釜石方面に向かっていた。
 猿ヶ石川にそった田園風景は平和でのどかであり、この先に被災地があるとは思えないが、国道283号線は被災地の生命線のひとつなのだ。


 陸中大橋のオメガカーブを見下ろす。

 終着釜石に近づくと、避難所や自衛隊の駐留している場所が見られた。


 久しぶりの釜石に到着。
 前に来たときは南リアス線で釜石に到着し、山田線で宮古に向かった。


 駅を出て、三陸鉄道南リアス線に沿って少々歩いてみた。
 橋脚に取り付けられている検査用足場の海側の鋼材がひん曲がっているのが見られた。
 


 昼食は駅前の市場でいくら丼。


 市場でおみやげを買って盛岡行き「はまゆり6号」で盛岡へ引き返した。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


 盛岡からは「はやぶさ」で帰宅。
 先頭車の前にはたくさんの人が写真を撮っていた。





 夕食は盛岡の「鮭はらこめし」。

 はやぶさは、本来の俊足は活かせないところだが、たくさんの人を運び、大宮まで満席だった。
 
『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« H23.5.6(金) 青函連絡船八... | トップ | H23.5.8(日) お座敷富士芝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東北」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。