ブラックフェイス手帳

中央線201系 最後の軌跡

陸前高田 奇跡の一本松

2016-09-19 | 東北
 いまから5年ほど前、資料を奇跡の一本松のクリアファイルをしまっている人がいた。
 打合せの中身よりもクリアファイルの写真が妙に気になった私は「これはどこ?」と尋ねたところ、陸前高田ですよ、とのこと。


 4年前、たまたま出張で陸前高田を通りがかった際に、国道45号線から奇跡の一本松を見ることができた。当時、すでに海水の影響で枯れてしまった状態と聞いていたが、その後、保存工事を行っていたらしく、今では陸前高田のシンボルのようになっている。

 普門寺を訪問した後、奇跡の一本松を見に行ってみることにした。


 どういう保存工事を行ったのか不思議だが、レプリカではなさそう。
 ただ、避雷針がついていることだけはわかった。
 それより、震災の爪痕は奇跡の一本松よりも、その後ろにある建物の方が痛々しい。


 海岸では堤防の工事が行われ、旧市街地も途方もない規模で盛土工事が進められていた。







 お昼は一本松茶屋にある岩張楼で海藻たっぷりの岩張楼ラーメンにした。



 もともと陸前高田駅があったところはすでに高く盛土されており、地形は大きく変わっている。
 むかしの陸前高田駅の最寄バス停は、「奇跡の一本松」バス停であり、いまの陸前高田バス停は高台にあるので、注意が必要だ。

(H28.9.17)

ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陸前高田 普門寺 | トップ | H28.9.17(土) 大船渡線B... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。