ブラックフェイス手帳

中央線201系 最後の軌跡

名古屋というところは・・・

2016-09-18 | 静岡、愛知
 8月末か9月1日ころに、名古屋駅からうなぎパイが消えた、というニュースを目にした。

 愛知県のお土産を置くようにしたという情報もあったが、赤福やなが餅は置いてあり、では、三重県のお土産はいったいなんなんだ、という気がした。

 うなぎパイは売上ベスト3には入っていないようだが、これまでうなぎパイに割かれていたスペースからすると、それなりに上位には入っていたのではと思う。
 お土産としてういろうは好みが分かれるし、ちょっと重いし、ビジネス客が職場に手土産、となると、うなぎパイを買う人も多かったのでは、と思う。


 15年ほど前に、数年間、名古屋に勤務したことがあったが、ちょくちょく「名古屋は閉鎖的」という話を聞いたり、本や新聞で見たりした。
 実際、わからんでもない気がしたことも多かった。


 うなぎパイの一件の真相はよく知らない。

 けれども、あぁ、名古屋は不思議な何かがあるところだなぁ、と思った。



 ま、とはいえ、あんかけスパゲティは好きなので、食べた。



 しかし、名古屋でお土産を買う気にはなれず、新幹線の車内でうなぎパイを購入。

(H28.9.4)
ジャンル:
お菓子
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若狭街道 熊川宿 | トップ | H28.9.16(金) 気仙沼線 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

静岡、愛知」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。