Allsickness

病気ブログに関して

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

症状と腎細胞癌の徴候を懸念

2009-09-28 18:14:15 | 日記
原発性腎細胞癌は比較的まれな悪性腫瘍は泌尿器科の面では、より一般的です。 中国では、膀胱癌、2番目の最高尿中腫瘍に対する腎癌だけでなく、大人、最も一般的な固体腎悪性腫瘍に次ぐ。40歳以上の発症のほとんどは、年齢、年齢とともに発症率は増加し、発症年齢の中央値は65です。 男性/女性の発症率は約2月1日だった。 最近の年間では、腎細胞癌の発症年齢に初めは、発症時の最低年齢を見ることができます7として一例歳の少年だった傾向がある。

腎細胞癌の発症率は着実に、近年、増加し、早期の病変の割合も増加している。 一部の人々のため、保健医療、イメージング技術の開発、より多くの腫瘍は、その結果によって検出されると思われますでは、がんの真の発生率を大幅に増加していない。 通常の状況で、腎細胞癌では臨床試験の情報を利用可能で、診断が、偽陽性の困難されていない、または偽陰性の診断に基づく総合的かつ慎重に分析する時には、発生した事件は、正確な診断のための基礎です。

1、症状と徴候
続きを読む:http://jp.allsickness.com/html/腫瘍学/20090927/120696.html
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肝癌の診断とは、標準のステ... | トップ | スタートの生活の細部から肺... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。