戦争はいやだ!オール習志野行動

安保法・戦争に反対する超党派の習志野市民の会です。
総がかり行動を始め全国の人々と連帯し戦争反対の行動をします。

南スーダン武力行使問題に関する市内・県外集会

2016年10月12日 | 集会・行動情報
この秋にも南スーダンの交代部隊として陸上自衛隊第9師団第5普通科連隊(青森駐屯地)から
派兵され武力行使の任務が与えられようとしています。
安倍首相や稲田防衛相は南スーダンは情勢は落ち着いていて、戦闘状態でなく
衝突であると述べています。
かつて旧日本軍が中国の満州(当時)で勃発した先頭が事変と言いかえられたことと
何処が違うのでしょうか。
満州事変の日本軍の死傷者数百、中国側死傷者1千数百。
南スーダンで戦闘が起こって自衛隊や相手側に犠牲者が出ても先頭でなく衝突と言い切るのでしょうか。

市内・県外の南スーダンを知る催しの紹介です。
(市内)


(県外・永田町議員会館)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10.19国会前行動 | トップ | 南スーダン武力衝突拡大 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。