goo

ミッドナイト・ディフェンダー作戦

9/19、京都のタクシー業界は、

京都府コンビニエンスストア安全・安心まちづくり連絡協議会、京都府警察本部と、

「京都府内の犯罪防止を目的としたコンビニエンスストアとタクシーとの連携に係る協定」

の調印を行いました。


この協定は、タクシーが深夜帯などにコンビニを休憩所として利用することで、

コンビニ強盗への犯罪抑止に貢献するというものです。

現在、府内951店舗中、466店が参加。


協定の内容は、

深夜時間帯(概ね23時~翌朝5時)の間、

※マークの張ってある店舗で、20~30分の休憩・休息が可能。

(駐車スペースが空いている場合のみ。)

店内のトイレや灰皿の設置されている店舗では、喫煙も可能。

(「防犯協力で立ち寄りました。異常ないですか?」と店員にお伝え下さい。)


(ゴミの持込み、大声での談笑行為等は、謹んでください。)


 <このマークが目印>



ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い致します。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 譲渡譲受認可... 情報提供のお... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。