続・allegra日誌

世の中が皆にとって明るいものになりますように

安倍総理の靖国参拝について

2014-01-26 22:39:53 | 時事問題



昨年末、安倍総理大臣が靖国に突然参拝したことが世界中で物議をかもしている。

さらに先日のダボス会議での釈明会見で、さらに自体が紛糾したように見える。



あくまで私の主観ですが、靖国参拝はやめておくべきだったと思います。

諸外国からOKがでるまで控えるべきだったと。

日本にとって今何が一番大事なのかを、考えて頂きたかったと残念です。




<靖国参拝でのメリット>


・亡くなった方に敬意を表することができた
・支持率があがった
・国民の愛国心が高まった
・戦争にたいし否定的な気持ちが減らせた



<靖国参拝のデメリット>

・中韓を怒らせた
・それにより戦争の可能性が高まった
・それにより諸外国の迷惑度も高まった
・日本は独善的な国だという印象を植え付けた
・日本の世界の信用度が減った
・表向き友好を示し、突然何をしでかすかわからない印象を与えた
・やっぱり殻に閉じこもる民族だと思われた


私の印象だとこういうかんじになります。



私は、君が代問題も靖国問題も、個人的にはどうでもよいほうです。
私自身は、君が代を歌うことは好きですし、靖国神社は好きですし、
戦争で亡くなった方はどんな立場の方であったとしても、
最低限の弔いをする、それを行動で表わすことは尊いことだと思います。


しかし、世の中にはいろいろな人がいて、
そういうことが一方的に異常に嫌いな人や侮辱されたと思う人もいるということです。


そして日本は負けた側、いまだに国際的に立場が弱いと言う現実をもっと真剣に受け止めないと、
また同じことを繰り返すと思います。



私は前のブログで何度も言いましたが、
世の中は常に正しいことがまかり通るものではないと思うのです。
正しいことをしているのに非だけ押し付けられたり、損をしたり、
悪ことをしていなくても殺されたりもします。


残念ですが、それが世の中なんだと思います。


おそらく、アメリカや欧米諸国は、日本の立場や気持ちはそれとして、
とりあえず中韓を挑発しないでほしかったでしょう。
そして自分たちのメンツをたてて、問題が起こるのを防いでほしかったと思います。


先にあげたメリット・デメリットを比較してみるに、

メリットはすべて日本国内限定の話で、デメリットはぜんぶ外交問題です。


私は安倍政権が長く続いてほしいと思っています。
そのために支持率をあげておくことは必須であるとわかります。

ですが、靖国参拝であげる必要はなかったでしょう。


今回の靖国参拝で、外交面では日本は孤立し危ない国だという認識を与えてしまった、
日本一国の団結のために、多くの国から離れて行かれることをしてしまった気がしています。


ダボス会議において、安倍首相は、

「ただ魂を慰霊したい。その人たちに感謝したいという思いがあるだけ。国のために戦った人に手をあわせるのは、
世界のリーダーの共通の姿勢だ」

とおっしゃっていました。


しかし欧米諸国は、「英霊に敬意を払うこと」そのものを非難しているのではないということです。
自分たちの意思を無にして、参拝を強行突破したことを問題視していると思います。


もっと自分たちに相談して、時期をまってほしかった、
世界情勢のために、と思っていると思います。


日本側からみれば、それは欧米諸国の勝手な理屈にしか思えません。
なんで日本がここまで我慢しなければいけないのかと。

アメリカだって国連を無視して戦争をしているではないか、
イギリスだって自分たちは植民地を作ってきたではないか、

日本は自虐史観を植え付けられ、国をぼろぼろにされ、尊厳も奪われ、
せめて亡くなった人たちに敬意を示すことさえ、許されないのか、と。


私も同じ気持ちです。


でも今の日本にはそれも許されないのです。
逆にいえば、少しづつでも日本のために諸外国の信頼を取り戻し、敗戦国のデメリットを払しょくし、
いつの日か靖国参拝にOKが出る日を待てばよかった、
最悪できなくても、心の中で亡くなった方に感謝をしていればよかったと思います。


今回の靖国参拝には、安倍総理の脆さ、
日本と言う国の脆さが表れてしまったととても残念な気持ちがしています。


その脆さこそ、日本を敗戦国にした一番の原因だと思うのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログを書くことについて

2014-01-16 03:09:41 | 日記


昨年末でブログをやめるつもりでいたのですが、



やはりまだ私や社会をとりまく問題が解決していない、

峠は越えたけれども、まだまだ乗り越えていかなければいけない問題があり、



私自身も生きていくことが不安でたまらないのと、

ブログを発信することで一人でも多くの方に私を取り巻く問題を知っていただき参考にしていただきたいと思い、

ブログを改めることにしました。



過去のブログで何度か申したことですが、


本来は私はブログをすることには消極的で、危険だと承知しています。

しかしながら、生きるか死ぬかという思いで長い間暮らしてきて、

今でもそれが変わらないので、イレギュラーな手段としてブログを利用しています。



私の他にも、私のような思いをして暮らしている方も大勢いらっしゃるようで、

喜べない自体でありますが、仲間がいるというだけでも心強いです。



私のブログも同じような思いをしている方の支えになれれば幸いですし、

一人でも多くの方に事実を知っていただきたいと思います。



私がブログを再開するのに、しばらく悩みました。

一番の理由は、現実でないところで知らないところで、他の方々に迷惑をかけるのではないかということ、

そして私の性格や後遺症が、きちんとしたブログを書けるのかどうか、


その反面、形式的に冷静にブログを書いても、私の本当の気持や隠れた問題が伝わるのか、


そのあたりが自信がないです。


でも、私も今の自分の状況が非常に不安で仕方がありません。



信じて頂けるかわかりませんが、


私は今までほとんどすべての職場や学校で、ひどい嫌がらせに遭ってきました。

ときに病院に通うほど体を壊したりしました。


言葉の暴力だけでなく、身体的な暴力もありました。

もちろん性的ないやがらせや慰みものにされてきました。



よいかたも大勢いたのですが、きまって上の力がある人にまっさきに嫌われてその場にいられなくなってきました。



それで、私は、今の社会が、私のような人間をまっさきに排除し抹殺しようとしているのだと思うようになりました。

身近で私と同じような目に遭っている人を知らないのですが、

著名な方であったりネットの書きこみをみると、共通点が見られます。



日本的な古き良き伝統を受け継いでいる人、こういう人が多いです。

あとは洞察力があり行動的で、世の中のために人前で恐れずに意見を言う人です。



つまり、日本のためになるような人が嫌がらせにあっているのです。

また、私の被害を、警察なり司法、行政に相談しても、全くあてになりませんでした。時間の無駄でした。


だから、私は徐々に、日本はのっとられているのだと思うようになりました。

近年、マスコミの正体が明るみになり、そこから日本は悪の組織に蝕まれ、壊滅寸前であることに、

多くの人々が気付き始めています。



本当はもっと早くに気付けたと思います。

早く気づいた人を皆でのけものにしてきたのだと反省しないといけないと思います。


でも、過去を言うよりも、今からでも取り戻していかなければいけないでしょう。命の限り。



私は、この数年は、ブログをしたせいでしょうが、生きているだけでやっとで外出もままなりませんでした。

いつ殺されるかわからない気持ちでいました。



頭を麻痺させて、多くの時間を寝て過ごしました。

ブログだけは続けていましたが、本を読む以外は何ひとつ生産的なことができませんでした。

でも、ブログで少しは意味があることができたのかなと思っています。




私は昔は努力家でした、勉強もしていましたし、生活もそれなりにきちんとしていました。

ただ学校生活や社会のあり方にいつも疑問を持ってきました。

社会のことを考え努力しているのに煙たがられるのが不思議でした。

それは私が産まれたときから日本はのっとられていたからだと、最近になってようやくわかりました。



今の日本は異常です。

それだけははっきりしています。



私は頭の麻痺が徐々に治ってきています。

そして自分の現実を情けなく思っています。



でも、世の中が悪に支配されているかぎり、私がいくら努力をしても、すぐに潰されてしまう、

それを分かっていただきたいのです。

一度ターゲットにされたら、おそらく一生されるのでしょう。


これで絶望するなと言えるでしょうか?




私はもっと強くなって、世の中を支配する悪と闘っていかないといけないと、今年になって思い始めました。

逃げてはいけない、自分の心を誤魔化してはいけない、

現実でも行動しなければならないと。



一方で私は、感受性も残しておきたいです。

日本人らしい、繊細な感受性を。

それを捨ててまで強くなる必要はない、それは本末転倒で本当の幸せがわからなくなってしまうと思います。



お金や名誉だけでなく、本当の愛や感情を保つことで、人は真に豊かな人生を送れると思うのです。



私は結婚するにはかなり遅い年齢になっていますが、

やはり、結婚は焦らないことにしました。

子供については、なるようにしかならないと思います。

私の性格上、本当に好きな人でないと、結婚しても仕方がないと思います。



まだまだ、社会の課題は多いです。


敵は巨大になりすぎて、今すぐ倒せるものではないです。

これからも、あらたな被害に遭うかもしれません。



就職や結婚の妨害もされるかもしれません。


そう思うと、足がすくんで前に進めません。

他の方の話をきくにつけ、私にはそこまでして社会に参画したり生きて行きたい願望がわきません。



でもこのままでは、生きながら自殺しているのも同じですし、

だったら命の限り、自分や社会をとりまいている問題を解決する努力をしていかないといけないと思います。



それしか、私の人生でできることはないかもしれません。



私はこれからまた頑張るので、ブログを読んで下さった方、

一緒にがんばりましょう。



私は逃げないで、もっと世間に目を向けて行こうと思います。

今まではわけわからなくて怖くてとりあえず遮断してきましたが、

頭が少し戻ってきたのと、現実のやばさに焦ってきて、


これではいかんと思い始めました。



前のブログの、ブログ中心の生活から、

今度は現実と両立させながら、現実とブログの内容を一致させることを目的にしていきたいです。


悪の組織に邪魔されても、がんばっていこうと思います。


私は前のブログでは、ショックと恐怖で、自分の気持ちしか考える余裕がありませんでした。

このブログではもっと、現実に対峙し、他の方々の気持ちをくみ取れるようつとめて行くつもりです。



一度しかない人生なので、

できるだけ悔いののこらないように、精いっぱい努力して、他の人々と向き合っていこうと思います。


























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しく立ち上げました

2014-01-16 03:04:29 | 日記

新しくブログを立ち上げることになりました。


過去のブログは、現実ではなかなか口にできない社会問題を扱ってきましたが、

このブログの目的は、現実とネットを分けるのではなく、一致させていくことを目的にしたいと思っています。



できるだけ皆さまにご迷惑をかけないように心がけていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加