続・allegra日誌

世の中が皆にとって明るいものになりますように

美しいのは心が保たれていたから

2017-05-18 03:28:26 | 時事問題
その心が、周りによって壊された

同じ心を持つ人はなかなかいない。


いい人でも本能的に美を体現できる人はもっといない。


いい人はあまり欲がなく敏感ではない。
嫌な人は欲はあるが思いやりがない。


どちらも厳密には正しくない。
 

でもその両方を兼ね備えた人は、生まれながらの才能を神から授けられた人だけ。

だから大変孤独。

あなたは生まれながらに可哀想だった。

 
仲間がいなかった。  

いても今の時代は悪に潰される。

私のように。
    


皆、努力家で誠実な自分をアピールしたがる。
美しくなろうと血のにじむ努力をしている。

でも最初から方向性が間違っているなら、

意味がない。


今の時代、正しい心が殺されるから、

正しい努力ができないようにされている。


間違った努力をして、つまらないものしかできないようにされている。

正しい努力をする人は、間違った努力をする人たちの貢いだお金により、潰される。


だから、美しいものが存在できない。

心が保てない。


生きていくために、仕方なく間違った努力をするしかない。
それを理解してる人もいる。


今は不幸な時代。


生まれつき美しいあなたが美しくいられないのはそのせい。

だからあなたのせいではない。


不幸なのはあなただけでなく、

私も、他の心ある人たちも同じだから。


人が真に思いやりをもてる社会ではない。


でも心が殺されながらも小さな心を保とうとしている人たちもいる。

それを支えに生きるしかない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔のあなたはなんて美しかっ... | トップ | 今は誠実に生きたら損をする時代 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL