HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

競泳・ジャパンオープン、陸上・関東インカレ、東都大学野球最終戦と、5月下旬はスポーツ真っ盛り!

2017年05月14日 21時49分38秒 | 駅伝/陸上


5月下旬は、東洋大学に大いに関係する大学スポーツイベントが集中して行われます。

◎競泳:ジャパンオープン 5月18日~5月21日 (東京辰巳国際水泳場) 🏊

◎東都大学野球最終戦:東洋大学vs日本大学 5月23日・24日 (神宮球場) ⚾

◎陸上:関東インカレ 5月25日~5月28日(神奈川日産スタジアム)  

この他にも、男子サッカーリーグ、相撲の全国大会などが予定されていますね。

・競泳・ジャパンオープンは先の日本選手権で、世界選手権代表が決まり、リレーなどの追加メンバーは6月の和歌山県選手権で決定されると言う事なので、世界選手権代表選手は、調整の場に、その他の選手には、今季や来季に向けての大きな大会の出場権を掛けた、記録突破が目標の大会になりそうです。

・東都大学野球最終戦は、もう何回も言ってますが、東洋大学の優勝が懸かります。その前の週の国学院大学vs亜細亜大学の結果如何では、もう東洋大学の優勝が決定してるかも知れませんが、そうは簡単には行かないと私は思います


優勝すれば17回目ですかね? 今回の優勝を持って高橋監督の勇退の花道を飾ってあげたいと思うのは私だけでありましょうか
髙橋監督は、今年の6月で69歳になります。大学を卒業して1年目に、社会人野球から大学に戻されたのが23歳と言いますから、監督業そろそろ後進に道を譲っても良い頃でありましょう。


・大学陸上界、前半のメインイベントの関東インカレがいよいよ始まります。

4日間開催ですが、数年前は前半と後半に1週休みがあったように記憶しています。2年ほど前から4日連続開催となったようです。
長距離 (特に5000mと10000m) は1週空くと、主力を5000mと10000m両種目につぎ込む事が余裕で出来ますが、4日連続だとどうなりますか?
選手の起用や、層の厚さの勝負になるかも知れません。

東洋大学は、競歩陣や100m、400m、400mリレー、1600mリレーなどの活躍で、2年前と3年前にトラック部門で優勝しています。
昨年は早稲田に優勝を持って行かれましたが、トラック部門優勝奪回を図りたいですね
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月13日(土)のつぶやき | トップ | 5月14日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。