HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

村田諒太世界戦まで、あと5日!激戦のミドル級で日本人が王者になれるのか?

2017年05月15日 20時05分56秒 | その他のスポーツ
御嶽海は今日も勝って、2連勝です。このまま順調に勝ち進み、来年の今頃は大関に昇進して欲しいと願っています。

東洋大学は伝統的に格闘技が強く、空手、ボクシング、相撲、柔道などは結構強いですね。
相撲部は大学日本一に4回輝いています。

ボクシング部もロンドン五輪ミドル級で、村田諒太が金メダルを獲り、プロにも何人も輩出しています。

その村田の世界タイトルマッチが5月20日(土)に行われます。

実は村田諒太より一足先に、東洋大学出身の世界チャンピオンが誕生しています。

   http://www.toyo.ac.jp/site/toyo-sports/321994.html

村田諒太ほど注目されていませんが、久保隼も応援してあげて下さいね


さて村田諒太の所属する階級はミドル級で、最も選手層が厚いクラスです。
歴代の日本人の世界チャンピオンはフライ級、バンタム級、フェザー級など軽量級が多く、(この階級は50Kg台なので、欧米人などが少ない)
ミドル級の日本人の世界王者は過去にただ一人しかいません。

村田のバックにはフジTVが付いていますので、当然TV中継もあります。私の若い時には、WBAとWBCの2つの世界的組織しか無かったのですが、現在は、それが4つに増え、しかも階級が「ジュニア」とか「スーパー」とかが新設されて、17階級にまでなり、以前ほどチャンピオンの価値が高くないとの批判はありますが、

それでも日本人やアジア人には難しいと言われている、ミドル級のチャンピオンですから、ここは応援するしかないですね

ロンドン五輪で金メダルの村田が、アマNO.1から、プロのチャンピオンになる日を楽しみにしたいです
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月14日(日)のつぶやき | トップ | 2017陸上関東インカレ、エン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。