HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

ホクレンディスタンスチャレンジで、ひっそりと復活を期す設楽啓太の姿があった。

2017年07月14日 20時32分16秒 | 駅伝/陸上
先週の北九州地方の連日の豪雨、昨日から今日に掛けての愛知県の大雨、そして北海道で10日連続の真夏日と、驚くべき天候が続いています。
何かの前触れではないでしょうかね? (おそらく安倍晋三退陣・・・


さて、昨日行われたホクレンディスタンスチャレンジ最終戦網走大会、最終レース男子10,000mA組は、まるで日本選手権のような豪華な顔ぶれになりました。

日本人1位の大迫傑も、世界選手権参加標準記録に1秒足りず、日本代表は成りませんでした。設楽悠太も日本人3位でしたね。

その前に行われた男子10,000mB組には、故障で今季出遅れていた、双子の兄の設楽啓太も出場しました。結果は下記からどうぞ!

      http://blog.neet-shikakugets.com/hokuren-distance-challenge-2015-abashiri-results#m10000b-2017

まだまだ本調子とは言えませんが、それでも28分台をきちんと出しています。櫻岡、神野・一色・菊池・市田宏などに勝っていますから、やはり潜在能力はあると思います。
コニカミノルタを退社した後も、所属は 「埼玉陸協」 のままです。

早く所属先の実業団を見つけて、練習に専念できる体制を作って欲しいですね。今は母校の東洋大学で練習してるのでしょうか?

私の夢は、2020東京五輪のマラソン代表の3名は、設楽啓太、設楽悠太、服部勇馬でありますから、その夢を持ち続けて居たいです
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月13日(木)のつぶやき | トップ | 〝スポーツ東洋〟第79号 発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

駅伝/陸上」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。