HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

大相撲名古屋場所終了、東洋大学相撲部出身力士成績一覧(満年齢付き)

2017年07月23日 20時47分55秒 | その他のスポーツ

大相撲名古屋場所は、横綱白鵬が39回目の優勝を果たし、幕を閉じました。
余計なお世話だと思いますが、白鵬は優勝回数40回、幕内通算勝ち星1,000勝を達成したら、もう目標がなくなると思いますので、日本国籍を取得したら、即刻引退し、
一代年寄でも何にでもなってもらいたいと思います。

ここで、東洋大学相撲部出身力士の、今場所の成績一覧を見て見ましょう・・・。

幕内

・御嶽海(24歳):西関脇 9勝6敗 (2場所連続殊勲賞受賞) 来場所は東の関脇でしょうね



幕下

・磋牙司(35歳):東20枚目 5勝2敗  来場所は久し振りに十両返り咲きを狙えるまで番付を上げそう
・村田(22歳) :東27枚目 5勝2敗  来場所は15枚目辺りか
・若隆景(22歳):西38枚目 6勝1敗  村田とどちらが番付上位になるか? 2人の兄よりは上位に来そうです
・宝龍山(30歳):東41枚目 4勝3敗  まだまだ老け込む歳では無いと思うが…
・華王錦(38歳):東57枚目 2勝5敗  又三段目に陥落!最近は三段目と幕下を行ったり来たり


三段目

・政風(34歳) :西17枚目 2勝5敗  三段目で負け越しちゃアカンでしょう
・駒木龍(32歳):東22枚目 4勝3敗  まずは幕下復帰を


今年の3月に、村田と若隆景が入門し、少し平均年齢が若返りました。
来場所は、磋牙司・村田・若隆景が同じくらいの位置になります。磋牙司は大銀杏を結える内に、十両復帰を果たしたいところです。
村田と若隆景、どちらが先に関取になるか?若隆景の兄2人 (大波3兄弟) の出世争いも見ものですね。
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苫小牧市 「のぞみコミセン」... | トップ | 7月23日(日)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他のスポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。