HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

関東大学アイスホッケーリーグ戦 東洋大学痛過ぎる引き分け!(東洋1-1慶應)

2016年09月19日 20時26分34秒 | アイスホッケー
とうとうリオパラリンピックは一度も中継を観ないで終わってしまいました

関東大学アイスホッケーリーグは対慶應大学。
慶應は早稲田と5-5で引き分けて意気上がっています。今年からGKに埼玉栄から来た河合選手がいるので、ロースコアの展開になったらヤバイなと思っていたら、案の定そうなってしまいました

1ピリ慶應の放ったミドルシュートが東洋のゴールネットを揺らします。(古川駿よ、あれは捕れなかったか
東洋大学はシュートを放つものの、殆どが相手DFを崩したものではなく、慶應GK河合の好セーブもあって、2ピリ終っても1-0。

3ピリも東洋が押し捲りましたが、点が入らず重苦しい雰囲気が流れて行きます。

慶應の反則で、試合終了約2分前に、相手の反則で得たPPのチャンスをキャプテン人里が押し込み、何とか黒星★は免れましたが、中央大学や明治大学がお互いに対戦するまで負けるとは思われず、痛過ぎる引き分けです。(負けに等しい!)


>東洋大学の攻撃は相手に読まれています。ワンパタ-ンで攻撃のバリエーションが少なく、意外性がありません。
相手ゾーンに入ってから引き技のフェイントが多過ぎる!もっと中央突破も織り交ぜないとアカンのとちゃうやろか? (何で関西弁?)
シュートの精度も良くないしね・・・。

ネットで観戦していて、イライラ・ストレスが溜まる試合でした
これから中央・明治・早稲田と強いチームが続きます。自力でこの3チームに勝たないと優勝はありません。

大いに反省し、更なる奮闘を期待します
『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月18日(日)のつぶやき | トップ | 9月19日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アイスホッケー」カテゴリの最新記事