HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

アイスホッケー 東洋大学は日本大学に大勝!久々の二桁得点。明日は全日本大学女子駅伝(初シード期待)

2016年10月29日 20時06分26秒 | アイスホッケー
関東大学アイスホッケーリーグ (DivⅠA) は二次リーグの真っ最中です。
東洋大学の今日の相手は日本大学、日大は今季は慶應大学と最下位争いをしています。

前監督さんが亡くなられてから、まだ新しい監督さんも決まって無いようですね。
結果は東洋大学14-0日本大学 (5-0・6-0・3-0) で、東洋大学が大勝しました。
所(1年生)と古川誠也(2年生)がハットトリック、GKも1ピリに早々と4点をリードしたところから、古川(2年生)から宮川(4年生)へと交代しました。
日本大学は失礼ながら、チームとしての体を成してないと思います。

例年五強 (中央・明治・東洋・早稲田・法政) の次の6位が指定席だったのですが、今季はここまで慶應大学と最下位争いをしています。

(その最下位争いをしている慶應大学と引き分けてしまったのが、東洋大学でありますが・・・

これは私の想像ですが、それまで日大に行っていた選手が、スカウトで頑張っている日体大に流れて居るんじゃないですかね?

これで東洋大学は負け無しながら、3引き分けが響いて3位です。(明日明治が法政に負ければ2位浮上ですが、チョッと考えにくいです。)
何度もこのブログで書いてますが、東洋大学は4年以上公式戦で優勝がありません。中央大学を直接叩き、
且つ中央大学がどこかに取りこぼさないと優勝はありません。


明日は仙台市で、全日本大学駅伝 (杜の都駅伝) が開催されます。創部5年目の 「鉄紺女子」 は関東予選を過去最高の3位で通過していますので、否が応でもシード権確保の期待が掛かります

ただ3位通過と言っても東洋より下位のチームとの差はあんまり無かったので、簡単にシードは獲れないと思います。
今度は全国大会なので男子と違い、関西・中部・四国にも東洋大より強いチームがかなりありますからね

明日の区間エントリーは次の通りです。日テレ系列で生放送があるようです

■オーダーリスト■
第1区(6.4km) 白川 恵理菜(1年)
第2区(5.6km) 室伏 杏花里(2年)
第3区(6.8km) 森田 歩実(2年)
第4区(4.8km) 内田 寧々(3年)
第5区(9.2km) 佐藤 早也伽(4年)
第6区(5.2km) 山口 いずみ(1年)
補欠 天羽 彩佳(4年)
補欠 大倉 真歩(1年)
『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月28日(金)のつぶやき | トップ | 10月29日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アイスホッケー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。