HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

ホクレンディスタンスチャレンジ最終戦網走大会に参加の東洋大学OBは21名、10,000m最終組の結果も…

2017年07月13日 21時06分04秒 | 駅伝/陸上

今日の北海道は、猛暑日のところが多くあったようです。ホクレンディスタンスチャレンジ最終戦網走大会が行われましたが、網走市では日中気温が35℃くらいに跳ね上がったようです

最終戦のエントリー、特に10,000mAは、日本選手権の決勝メンバーに引けを取らないメンバーが揃いました

又網走大会にエントリーした東洋大学OBも21名と多数参加しました。






男子10,000mは、28分30秒を切っても、10位以内には入れない高いレベルになりましたが、世界は27分台前半を出さないと勝負になりません。厳しい世界ですね。


今日苫小牧市の書店で、《月刊スイミングマガジン・8月号》を購入してきました。
もちろん世界選手権特集です。今回は萩野・瀬戸の二大エースの他に、渡辺一平と小関也朱篤、坂井聖人と男子に多くのメダル候補が居るのが心強いです。

女子は個人メドレー(特に400個メ)の大橋悠依と100mバタフライの池江璃花子に期待が掛かります。
世界選手権の展望と、日本代表のエントリー種目については後日・・・。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月12日(水)のつぶやき | トップ | 7月13日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。