HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

関東大学アイスホッケーリーグ二次リーグが始まっています。東洋9-7法政(滅多に見られない得点見ちゃった)

2016年10月16日 19時39分38秒 | アイスホッケー
本日の東洋大学

東洋大学、今日の運動部イベント(試合)

・関東大学女子サッカーリーグ(1部) 東洋大学1-0大東文化大学 

・関東大学バスケットボールリーグ(2部)東洋大学74-56駒澤大学

・関東大学アイスホッケーリーグ(DivⅠA) 東洋大学9-7法政大学

  

アイスホッケーは法政大学に先手を取られ、一時は2-5と三点差を付けられる苦しい展開でしたが、地力に勝る東洋大学が何とか振り切りました。
今日負けるか引き分けたら、ほぼ優勝の可能性が無くなるところでしたので、ホッとしています。
全時間観て居ませんが、主戦GK古川の調子がイマイチだったようです。双方とも途中でGKを変えました(変えざるを得なかったというべきか?)

法政は松本・西口・石田など攻撃陣は素晴らしい選手が揃っていますが、DF・GKがやや弱いか?

法政の7点目は東洋のオウンゴールでしたが、滅多に見られないゴールでした。
試合終了10秒前に法政が反則、パックは東洋が支配していたので、東洋のアドバンテージで東洋GK水田は上がります。

法政陣内で、パックを持った1年生石倉が味方にバックパスしましたが、それが味方が取れず、東洋の無人のゴールに吸い込まれました。
点差が開いていたから良いようなものの、僅差だったら笑えないゴールでしたね。

石倉はその前に、法政が6人攻撃を掛けた時に、法政のゴールにエンプティーゴールを決めていますので、この日2つ目のエンプティーゴールとなりました。
(笑)

オウンゴールは何回か見た事がありますが、長いアイスホッケー観戦歴の中で、このようなゴールシーンは初めてです。


アイスホッケーはもう1敗も出来ません。そして明治と中央に直接勝たないとアキマヘンで!!
『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月15日(土)のつぶやき | トップ | 10月16日(日)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。