HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

東洋大学 全日本大学駅伝最終エントリーメンバー確定、ラグビー部は山梨学院大に逆転負け!相撲は惜しかった

2016年11月05日 20時10分00秒 | 駅伝/陸上
いよいよ明日は全日本大学駅伝です。8時頃スタートのはずですが、正確な時刻は大会HPなどでご確認くださいね。

大会の公式プログラムを発見しました。昨年の優勝校の東洋大学に敬意を表してか、服部弾馬が中心ですね

   

さて今日の午後3時に最終エントリーが締め切られ、大会HPで発表されました。

各大学のエントリーと駅伝識者の講評はこちらからどうぞ。 http://blog.sat-ekiden.info/2016/11/05/7805/

東洋大学のエントリーは

服部④➡櫻岡④➡相澤①➡小笹②➡渡邊①➡竹下③➡小早川➡山本修②

私の当初の予想は
服部④➡渡邊①➡相澤①➡櫻岡④➡堀③➡小早川③➡小笹②➡山本采④

でしたから、走る順番はともかく、13人のエントリーがあり、8名走る中6名まで的中したのでまずまずかなと言う感じです

今や大学駅伝界王者として君臨する青山学院大学は、余裕の変更無し。山梨学院や日体大も変更はありませんでした。
13人のエントリーが発表されてから今日の正式発表まで、余り間がないので、駆け引きとも取れる最初の区間エントリーは必要なのかいささか疑問ですね

昨日東洋大学の酒井監督は、前半重視型のオーダーを組むと言っていたので、1区服部、2区櫻岡はおおよそのファンは予想できたと思います。

(嘘やハッタリが苦手な真面目な監督ですからね・・・。)

服部弾馬がトップで襷を渡せば、もしかして もしかするのではないかと睨んでいます。
普通に行けば青山学院の優勝でしょうが、巷ではこれまでの三強 (青学・東洋・駒沢) に代わり、新三強 (青学・東海・山学) とも言われています。

東洋大学の奮起を切に期待するものであります


関東大学ラグビー(2部)、東洋大学の今日の相手は昨季2部から降格して来た山梨学院大学でした。
結果は31ー38(19-5・12-33)の大逆転負けでした
リーグ戦は優勝したら無条件で昇格、2位なら1部7位のチームと入れ替え戦ですが、今日の敗戦で、2位の座も危うくなりましたね


日本学生相撲選手権(インカレ)は東洋大学の4年生が大健闘し、準決勝に2人進出しました
村田主将と大波副将です。相手の2人は日大の小山内とトゥルボルトの強豪2人。
準決勝で村田はトゥルボルトに敗れましたが、大波は自分より50kg以上重い小山内に勝ちました。
 NHK Eテレで録画中継されてましたが、母校の選手が最後まで映ると楽しいモノですね・・・。
決勝では大本命のトゥルボルトに敗れましたが、体重110kgの大波の決勝進出は、小柄な力士の励みになりますね。

明日は団体戦が行われます。東洋大学、日本大学、日本体育大学が三強と言われています。東洋大学にも ⦅日本一⦆ の可能性は大いにありますよ
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月4日(金)のつぶやき | トップ | 11月5日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

駅伝/陸上」カテゴリの最新記事