HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

東都大学野球、東洋大学優勝には残り三試合を全勝するしかなくなりました!

2016年10月19日 20時41分22秒 | 野球
東都大学野球は、本日日大が亜細亜大学に勝ち、勝ち点を挙げたため、
東洋大学は順延になっている国学院大学に勝ち、尚且つ最終カードの日本大学戦に2連勝するしか、優勝の可能性がなくなりました

もう1敗も出来ない厳しい戦いですが、残り3つ勝てば優勝と言う風に気楽に考えて戦って欲しいです

簡単に言えば、
東洋大学優勝までマジックです。


東洋大学も3年半2部に居て、しばらく1部での優勝から遠ざかって居ますが、日本大学はもっと遠ざかっていますから、優勝したい気持ちは双方互角だと思いますよ。

今日は自家用車の定期点検の為、苫小牧市に行きました。帰りに本屋で水泳と陸上の雑誌を見てました。迷った末に水泳の方を購入しました。

現在の日本のスイマーのトップが記録順に記載されており、男子では萩野公介・天井翼、女子は内田美希・青木玲緒樹・宮本靖子・金指美紅などが抜ける東洋大学は、来季は厳しいシーズンになりそうなので、強い高校生の名前を記憶しておきたいと思っていたので・・・。

厳しいのは東洋大学の駅伝チームも同様なんですけれどね。

高校陸上選手の進路は、年末から1月に掛けておおよそ明らかになりますからね!
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月18日(火)のつぶやき | トップ | 10月19日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
果たして (東洋がんばれ)
2016-10-19 23:53:03
果たしてそうでしょうか。國學院戦も、亜細亜戦も、勝ちへの執念で負けてましたよ。特に亜細亜3回戦なんかは、勝たなければならない試合展開でした。それを落とした。あれだけ、優勝に近かったのにその後は、相手校より勝利への執念が弱く、負け続けてこうなった。気持ちで日大と互角とはとても思えない。圧倒的に劣勢だと思います。悲しいですが。
Unknown (ブログ主)
2016-10-20 11:17:01
勝ちへの執念が足りなかったと言うのは、あくまでも見てる方の主観だと思いますよ。

勝ちたくないチームなんてありませんから…。
負けたのは相手の方が強かったからだと思います。

あと1敗したら終戦ですから、厳しい状況なのは変わりありませんが、可能性があるならそれを信じるのみです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。