上海阿姐のgooブログ

FC2ブログ「全民娯楽時代の到来~上海からアジア娯楽日記」の続きのブログです。

中国女子アイドルグループSNH48の現在~上海版AKBからの“自立”

2017年04月28日 | エンタメの日記
「AKB48の上海版」としてスタートした中国アイドルグループSNH48。AKBの中国展開としてSNH48が設立されたのは2012年の10月、上海の専用劇場での定期公演がスタートしたのは2013年の後半です。
まず、一期生たちによるチームSができました。それからすぐに二期生のチームNが結成され、三期生、四期生・・・と積極的に展開してきました。

第3回総選挙(2016年7月) 第1位は鞠婧禕(キクちゃん)


2016年6月、日本のAKBサイドとSNH48の中国運営側が決裂したというニュースが流れました。今から1年ほど前のことです。

どうなることかと思いましたが、約1年が過ぎたいま、結果的にいうとSNH48はこれまでどおり上海で活動しています。

SNH48は5チーム体制で活動しており、七期生が各チームに配属され、全員合わせるとメンバーは100人近くに上ります。

さらに「姉妹グループ」北京BEJ48、広州GNZ48があり、最近は新しく沈陽SHY48もできました。
今後も中国の地方都市に拡大していく構想のようです。

結果的にいうと、日本側と提携関係が解消されても、SNH48のメンバー大量脱退はありませんでした。
メンバーがやめない(或いはやめることができない)以上、運営側に何らかの変化があったとしても、ファンは離れません。

これまでSNH48はAKBから提供された楽曲の歌詞を中国語に変えて歌っていました。
専用劇場での公演では、秋葉原のAKBシアターで上演されていたのと同じセットリストを、中国語版でやっていたのです。
「最終ベルが鳴る」や「シアターの女神」などをやっていました。

AKBの曲を使えなくなって、SNH48側は自力で楽曲を用意できるのか?というの疑問が持たれました。

これも結果的にいうと、現在オリジナル曲で公演をやれています。

今年に入ってから、各チームが次々と「SNH48オリジナルセットリスト」を発表しました。
チームH「美麗世界」、チームX「夢想的旗幟」、XⅡ「代號XII」など各チームのオリジナルセットリスト公演を観ましたが、構成や演出に改善の余地はあるものの、全体的にいうと悪くないです。

すごく感動するような名曲かといわれると、そこまでではないのですが、一定のレベルはクリアしています。

衣装や振り付けも、目を奪われるとまではいえませんが、なかなかよくできていると思います。

現在SNH48の常設劇場での公演チケットは非常に入手しにくくなっています。
(北京BEJ、広州GNZ、沈陽SHYは完売しない公演も多いです。)

チケット発売方法は、完全実名制が実施されています。
チケットを購入するためには、まず公式サイトでユーザー登録をし、身分証明書、パスポートなど写真付き身分証の画像をアップロードし、認証を受ける必要があります。
身分証でチケットを会場で発券し、入場する際に再度身分証チェックがあるという、かなり厳しい本人確認があります。

会場のチケット発券機。



会場ロビー。現在SNH48は5チーム体制で活動しています。




毎週火曜日の夜8時に翌週の公演のチケットを発売します。
平日(主に水、木)は夜19:30開演で、終演は22:30頃です。
金曜日は開演が30分早く、夜19時からです。
土日は、14時公演と19時公演の2公演。

上海の場合、5チームあるので各チームが日替わりで公演します。
先着制の公演と抽選制の公演がありますが、抽選販売が徐々に増えています。

5チームの中で圧倒的に人気が高いのがチームNです。総選挙で上位に食い込むメンバーが大量に所属するエース集団です。

一期生の多いチームSも人気があります。

各チームにエース級の人気メンバーがいますが、人気があるメンバーは特にひと目見て納得するかわいさです。

SNH48の中国での知名度はかなり上がっており、イメージキャラクターとして広告やイベントに出たり、女優としてネットドラマに出演したりしています。

メンバーの中には、芸能活動に対して明らかに貪欲な子と、欲はあるけれど表には出さない子と、あまり執着のない子がいると思います。

■これからのSNH48

SNH48は何もかもが順調というわけでは決してなく、常に変化と波乱、或いはトラブルと共存しています。

まず、いま心配されているのは劇場のことです。
SNH48の専用劇場がある地区は急ピッチで再開発が進んでおり、いつ立ち退きになってもおかしくない場所にあります。

もともと商店を兼ねた集合住宅が密集する旧市街地です。いまでは地下鉄も2路線開通し、再開発の波がすぐそこまで押し寄せています。
1ブロック先の地下鉄駅に近いエリアはもう立ち退きがほぼ完了しています。

SNH48専用劇場「SNH48星夢劇場」歴史建築物を改造して作られた劇場。



劇場のある十字路。



次に心配なのは、「AKBのセットリストをやる」という制約が外れたために、徐々にパフォーマンスのレベルが下がっていくのではという点です。
これまではAKBのセットリストをやっていたので、セットリストにある曲をこなさなければなりませんでした。
ひとつのパフォーマンスを完成させるには、覚える側には練習時間がかかり、教える側には労力がかかります。
時間と手間のかかる楽曲を披露するより、ステージ上でトークや簡単なゲームをして時間をつぶす方がずっと楽です。
いまはまだ「AKB式の公演」を維持していますが、そのうちに楽な方向に流れるのではと心配です。公演に覇気がないと、観ている側もなんとなくつまらなくなってきます。

SNH48が本格的に活動を開始したのは2013年後半です。あの時期は尖閣諸島問題で日中関係は非常に冷え込んでいました。
SNH48にとっても逆風でした。あの時期を乗り越えるのは本当に大変だったと思います。

現在中国ではSNH48は女子アイドルグループの成功例として認識されており、SNH48の亜流のようなグループがたくさんあります。

SNH48がここまで来れたのは、最初にAKBのフォーマットがあったからというのは疑いようがありません。
常時公演という概念からはじまり、ユニット、生誕祭、握手会、総選挙といった数々のイベントのノウハウがあったからこそです。

もう一つ気になるといえば、ファンは以前の方が元気でした。
売れてなかった頃の方が、会場が盛り上がっていました。
以前は、常時公演は7割くらいしか埋まっていませんでした。
それでも、いまよりもコールの声がずっと大きく、ファンが真剣に応援していました。客の半分以上が常連でした。サイリウムの振り方も力がこもっていました。
いまは公演中もスマホをいじっているお客さんが多いのが気になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官僚の汚職に迫る中国“反腐敗... | トップ | インド映画『Dangal』(摔跤吧... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (はるみとまこ)
2017-05-01 13:01:02
阿姐さんの幅の広さには感服致します。
でも、そんな事になっていたとは初耳でした。
中国のお客さんもだんだん飽きて行くのでは?と思ってしまいますが、日本ではまだまだ飽きられてませんね(汗)
ひとつの産業ですもんね。
凄いです。
はるみとまこさん (上海阿姐)
2017-05-01 22:15:18
こんにちは~~定期的に接触が可能なアイドルは、ファンは長くついていくのではと思います。男性の場合は特に、本当にファンの人は、好きなアイドルに対して飽きるというケースは意外とないかも。スキャンダルとか問題発言とかで失望して応援しなくなるというのは多いにありですが・・・。私生活の管理は大変ですが大事ですね・・・^^;
どこも・・・ (kepi)
2017-05-04 17:29:35
アイドルの環境は大変なのですね・・・
そしてアイドルには旬があるから・・・
ファンも動くし・・・(;^_^A

宝塚で知り合った人が、トラビスジャパンのダンスは
他のグループとは違うって褒めてくれてたので・・・
阿姐さんにもジャニーズジュニア見てもらって
ここで感想語って頂きたいです☆(* ´艸`)
kepiさん (上海阿姐)
2017-05-05 01:00:39
こんにちは~トラジャものすごく見てみたいです!!いまなによりも見たいかもです。彼らも、もう結構長いことやってるんですよね。
ここ数年、男性アイドル育成もののゲーム・アニメがものすごく多いんですが、Jr.のユニットみてると、現実の方が二次元より更に先をいってるな~と思います。
Unknown (azuki)
2017-05-22 18:10:58
こんにちは~初見です

阿姐さんすごいですね!上海に住んでいらっしゃいますか?

このグループの事務所最近融資を受けたので、宣伝とかますます増えるんでしょう
azukiさん (上海阿姐)
2017-05-23 01:27:02
こんにちは~私は上海に住んでいます。
事務所は巨額の融資を受けたとニュースになってますね、萌系テイストが徐々に少なくなってK-POP的な要素が強くなっていくんでしょうかね・・・?
7SENSESとかK-POP路線ですね。ポテンシャルはすごく高いと思います。女の子のファンがますます増えそう。
資金が増えても運営・企画できるスタッフはすぐには増えないので、宣伝にますます資金が投入されそうですね。
ご無沙汰しております (玲)
2017-06-25 12:04:39
  ご無沙汰しております。トンペンの玲です。無事にユノが戻ってきまして、来月、人生初の(笑)SMT参戦の予定です。
 日本では、某グループの子が結婚宣言などしてしまいまして、ちょっとびっくりしました。どこまでが演出なのか、素人にはわかりかねるのですが・・
 こういうグループの強みは、メンバーの入れ替わりを続けていけることだと思います。ある程度の年齢になったら卒業→新人の投入というふうに。
 KPOPは、人気があってグループが続いていても、やっぱり高年齢化してしまうんですよね。男性は兵役もあるし。新人グループを投入しても、うまくいかないこともあります。そこが難しいですね。
 上海は3回行ったことがありますが、雑伎団しか行ってません。ポートマンなら3回行きました(笑)。こういう地元のショーも行ってみたいです。 
玲さん (上海阿姐)
2017-06-27 00:16:35
こんにちは~お久しぶりです!コメントありがとうございます!
ユノが戻ってきたのですが、早かったのか長かったのか・・・でも無事に戻ってきてよかったですね!その点はさすがというか当然というか。。
SMT初なんですね~!ちょっと意外です!^^;
AKBシステムは本当に画期的だったと思います。
もはやグループという概念を超えてますよね・・・
当初はチームAとKだけでも持て余してる感があったのに、「48人まで増やす」というのだから、はあ~?という反応でした。でも、最終的にはグループ全体で500人以上になりましたね^^すごいですよね。中国のSNH系列でも300人以上います。

K-POPは・・・・いまのような形のKPOPは2009年がピークだったような気がします。あの時点で飽和感がすごかったので、まだ続いてるグループがけっこうあるのが驚きです。
日本に進出したことで、どのグループも寿命が伸びたと思いますよ。
これからのK-POPは欧米でも中国でも日本でもない、別の市場に進出していくことを期待してます。韓国芸能が次に花開く市場はインドとかバングラデシュかな・・・?と思います。

コメントを投稿

エンタメの日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。