上海阿姐のgooブログ

FC2ブログ「全民娯楽時代の到来~上海からアジア娯楽日記」の続きのブログです。

インド映画『Dangal』(摔跤吧,爸爸! )中国で大ヒット~非米中映画・日本映画の可能性

2017年07月01日 | エンタメの日記
インド映画『Dangal/ダンガル』(中国語タイトル『摔跤吧,爸爸!』 )が中国で大ヒットしています。
『摔跤吧,爸爸!』 は「レスリングパパ」という意味で、アマチュアのレスリング選手だったインドの田舎町に住む父親と、レスリング選手として大成する二人の娘の物語です。実話をベースにしています。



エスニック色の強いインドの田舎町を舞台とし、インパクトとメリハリのある映像に引き込まれます。
映画大国インドの役者の演技、演出、カメラワークは一流の水準です。
視覚的にはスパイスが効いていながら、情緒面では、家族愛、女性の地位、経済格差、夢の実現など普遍的なテーマが取り上げられており、自然に共感することができます。

『Dangal』にはインド映画おなじみの、登場人物が唐突に歌い踊りだすシーンはありませんでした。
中国公開版は140分で、インド原版は161分といわれています。約20分がカットされたことになります。
全体のテンポを上げるためインド制作側が編集処理を行ったと言われていますが、カットされた部分の中には歌・踊りのシーンがあったのかもしれません。

『Dangal』は6月30日までの時点で興行収入12.9億人民元を記録しています。
中国の2017年度の興行ランキングで4位です。(2017年の現1位は『ワイルドスピード8:アイスブレイク』の26.94億元=約430億円)
歴代の映画興行成績の中では、16位につけています。

ランキングの上位は常に中国本土・香港、アメリカの作品で占められているので、米中以外の映画が上位に食い込んだこと自体、画期的なことです。

中国でも『3 idiot』(邦題『きっとうまくいく』)が高く評価されており、インド映画に対する関心・信頼の土壌があったこと、
今年の上半期は似たようなハリウッド大作ばかりが続き、人間ドラマを描いた『Dangal』はとりわけ歓迎されるタイミングであったことなども、ヒットの要因になっていると思われます。

昨年2016年の12月、中国で『君の名は。』が公開され大ヒットしました。
『君の名は。』の中国での興行成績は5.76億元です。日本円にすると約92億円です。

この数字であっても、2016年度全体でみると25位にしかならないのです。

これはどう評価するべきなのでしょうか。

中国で『君の名は。』は大ヒットしました。しかし興行成績の数字からみると、このインドの映画の半分以下ということになります。

『Dangal』のヒットによって、「中国市場では、ハリウッド・中国以外の作品で最も競争力があるのはインド映画」という評価ができてしまうのです。

歴代映画興行成績のトップは、2016年正月映画として公開された、チャウ・シンチー監督の『美人魚』(マーメイド)の33.9億元です。
日本円に完全すると542億円になり、お化けのような数字です。この記録はなかなか破られないだろうと言われています。

映画は、商業映画である以上、ヒットしなければならないのでしょうか?

中国で「ヒット」といえるためには、10億元(約160億円)を軽々突破しなければヒットとは呼べません。
そのためには、作品の力だけではなく、上映期間やシネコンでのスケジューリングで優遇される必要があり、大資本のバックを持つ国内映画・ハリウッド映画が必然的に有利となります。

商業的に「大ヒット」といえなくても、評価と話題を集める作品も少しずつ出てきています。
現在上映中のチベット巡礼を描いた作品『岡仁波斉』(Paths of the Soul)は、上映館が限られる中、口コミで話題になり興行成績を伸ばしています。


日本では邦題『ラサへの歩き方 祈りの2400km』として去年公開されました。
http://www.moviola.jp/lhasa/

2017年下半期は、何本かの日本映画の中国公開も予定されています。
『深夜食堂2』2017年7月18日公開予定



公開が待たれる『銀魂』実写版。 『君と100回目の恋』

  

映画の存在意義は決して興行成績だけではありません。
しかし、いまの日本映画が「日本カルチャー好き」という特定カテゴリの中国人以外も魅了することができるのか---?
その答えは、興行成績の数字として表れるのではと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国女子アイドルグループSNH... | トップ | 2017年夏の中国映画『戦狼Ⅱ』... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いろいろ・・ (玲)
2017-07-02 10:11:35
 阿姐さん こんにちは。私はインド映画というと、まずは「踊るマハラジャ」のイメージなんですが(笑)。あの世界観は好きです(笑)。これはストーリー重視の映画なんですね。
 dtvでよく映画を観るんですけど、アジアの映画というと韓国主流で、他の国のものはあまり観られないです。もっといろいろ観たいんですけどね。Baahubaliとか観てみたい・・。

 ショービズがショービズである限り、数字を出すことは使命であるし、それが魅力でもあると思います。
 ただ、アメリカの話になるんですけどね、ルーカスフィルムがディズニーに買収されたじゃないですか。最近のスターウォーズの扱われ方を見ていると、ちょっとやり過ぎではないかなあ・・と思ったりもします。
 ファン心理と一致しない部分はありますよね・・。
阿姐さ〜〜ん (Rei)
2017-07-02 22:04:50
阿姐さん 久しぶり過ぎて忘れられているかも、、と 心配になるくらいのご無沙汰です!
この記事に関係無くてごめんなさい、、
昨日 今日で武道館にてシャイニー テミンちゃんのソロコンがありました もう6年前くらいになるのかな? 阿姐さんにアテンドして頂き南京のシャイニーワールドに行ったのは⁈ ソロパートにハラハラしたマンネが もうテミンちゃんと呼べないくらいにダンスも歌唱力も素晴らしく成長し
今回チケット争奪戦 プラチナチケットとなるまでになりましたーー 娘と感慨深くステージ焼き付けてきましたよ! そこで南京がスタートだったなぁと阿姐さんを思い出しました^ ^
ブログ続けていてくれて良かったです。スマホは便利ですが突然壊れてアドレスが全て消えてしまったり、、ほんとにブログ続けていてくれて良かった〜〜 元気ですよね? また会いたいなぁ
玲さん (上海阿姐)
2017-07-03 01:54:25
こんにちは!「Dangal」はストーリー重視の映画で良くできています。映像づくりのレベルが本当に高いなと思います。
寂れた街角のシーンでも、ものすごく緻密に計算してお金をかけて作っているんだろうなと思います。。
インドとタイは面白いドラマ・映画がありますよ。特にタイドラマはもっと日本で紹介すればいいのにと思います。
スターウォーズもマーベルもディズニー傘下になってしまって、なんともいえないですね。
ミッキーとダースベイダーとアイアンマンが一堂に会す・・・TDLでそれをやるとシュールに感じますが、上海ディズニーランドでは違和感ないかもしれません。
上海ディズニーはミッキーの家の隣にマーベルの家があります。そのうちスターウォーズの何かも近くにできるんでしょうか・・・。
昔からのファンは「スターウォーズ」であれば何であっても必ず見ますよね。
そういうオールドファンに甘えつつ、新規ファンを獲得するため容赦ない展開をしますね・・・。
Reiさん (上海阿姐)
2017-07-03 02:09:44
ご無沙汰しております!!コメントありがとうございます~!
南京SHINee懐かしいですね!!いいライブでした・・・テミンは本当に成長しましたね・・・デビューから潜在能力最大のマンネと鳴り物入りでしたが、SMエンタの目は確かでしたね!
ちょうどコメントいただけてほんとによかったです。実は7月1日から中国のVPNが大量に封鎖されまして、いまGmailやTwitterに接続できない状態です。
一時的に個別にご連絡することができないのですが、Gmailなど復活次第ご連絡いたしますm(__)m よろしくお願いします。
こんにちは (はるみとまこ)
2017-07-03 12:27:12
インド映画が中国で大ヒットするなんて!
国同士が仲が悪くても、文化面でこういう事があるとホッとします。
星仔の「美人魚」が歴代1位とは!
今年の1月に見に行きましたが、単館で時間も限られてましたが、本当にバカバカしくて面白くてホロッと出来る大好きな香港映画でした。
星仔自身がもう表に出ないのは寂しいですが。
クリスが出てたのを忘れてたので、出てきたときにビックリしました。
「ラサへの歩き方」は日本では昨年公開されました。
これまた単館で、電車に乗って見に行きました。
とても良かったのですが、寝てしまいました(汗)
仕事帰りで遠出したので余計に。
映画のお話、またお願いします。
ありますよ♪ (玲)
2017-07-03 20:23:19
 コメ返ありがとうございます。Star Wars Launch Bayというのが、明日世界にあります。TRONの隣です。私はダースベイダーと写真撮ってきました♪
はるみとまこさん (上海阿姐)
2017-07-04 01:22:45
こんにちは!「美人魚」は日本でもちょろっと上映されましたね・・・。中国ではすごい数字になってます。数字が大きすぎて現実味がないですね。
でも、2016年初頭は、今後はこのくらいの数字がバンバン更新されると思われてました。結果的にいうと、中国の映画市場規模は横ばいで、なかなか更新されません。
いまトランスフォーマー5やってますが、4を超えられない見込みです。
「ラサへの歩き方」日本では去年公開だったんですね。中国でも地味~に公開されましたが、結構話題になってます。
玲さん (上海阿姐)
2017-07-04 01:28:57
そうなんですね~明日世界だったら違和感ないかもですね。
スターウォーズもマーベルもUSJにありそうなものですが^^;所属会社の関係でディズニーになっちゃいましたね。ちょっと浮いてるけどやってるうちに、見慣れてくる・・・なんかa-nationみたいですね^^
上海にもできるかな?上海ディズニーは周りに荒野があるから拡張しやすそうです。

コメントを投稿

エンタメの日記」カテゴリの最新記事