自由っくう

色んな柵(しがらみ)からの脱却。

今朝、

2016年10月01日 | Weblog
 事務所の自分の机を離れて、トイレに行こうとしたら、

 右の靴に何か違和感があり、見てみると、底が剝がれかけていました。

 先の方だけかと思いきや、もうほとんど剥がれかけていて、

 6階の、副社長事務室の受付のカウンターに手をついて、

 あ~あ、と思っているうちに、全部が取れてしまいました。


 その瞬間、右側のエレベータの扉が開いてお客様が……。

 「副社長はおられますか?」

 二人のお伴を連れた、威厳と優しさが同居したような初老の方が、

 そう言いながら入って来られたのですが、

 あわてた私は、何をおっしゃられたのかを聞き取れず、

 (ああ、副社長を訪ねて来られたのか)と思いながらも、

 何とお答えしていいか戸惑って、アタフタしてしまいました。


 副社長事務室のスタッフが近づいてきて、ホッとしたところ、

 そのスタッフは、私にメモを1枚……、

 「副社長はトイレです」と書いてあり、

 (それを、私からお客様にお伝えしろと言うのか?)と思いながら、

 外れた靴底を右足で引きずり、後ずさりしつつ、

 さらに慌てているところで、

 やっと目が覚めました。

 ……。


 最近、よくこんな夢を見るんですよね。

 私の会社の事務所は、6階でもなく、副社長室も無く、まったくの絵空夢なんですが、

 トラブルはいつも、けっこう複雑で、

 起きた後も、安心するより、「細かいことを忘れると大変」とさらに焦りながら、

 「あ、夢だから、覚えておいて、後で解決策を考える必要は無いんだ」と、

 自分に言い聞かせるのです。


 疲れます。

 ずっと夢の中で、仕事と、様々なトラブル対応をしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バージョンアップが、 | トップ | 結局、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事